月別アーカイブ / 2012年06月

昨日はMUJ用の撮影がありました。
京さんをはじめ、麻衣子さん原ちゃん、みんなで撮影です。

カメラマンさん、撮影場所共に「αフォトスタジオ」さん。
そして衣装は「SERENE Dept.」さんにご協力いただきました!

一つの作品を作るのに皆の協力が必要。
そんな中で頑張れる自分を幸せに思います。
丁寧に綺麗にしてくださるメイクさん、細やかな光の調節で美しくしてくださるカメラマンさん、いつも一緒にいてくれるスタッフさん。
そしてお互い高め合うことのできるMUJの皆様。
ありがとうございます!

素敵な写真ができました♥
photo:01



photo:02



「αフォトスタジオ」http://www.a-photost.com/index.html 

「SERENE Dept.」http://serenedept.jp/



ミランダさんから頂いた質問

毎日を楽しく生きるために何が必要か。



私の考えは3つ。

1、新鮮さをわすれない

2、辛い思いをする

3、ナルシストになる



意味分からないって?w
ですよね。


でも
ちょっと説明させてくださいな。

1、新鮮さを忘れない

今の生活がつまらなかったり、平凡に思う。刺激もないし、面白みがない。彼とはマンネリ。
ただ仕事と家の往復。たまのパーティー。同じ電車で帰って同じベッドで寝る。


こんなこと思っている方もいらっしゃるかも。

ちがうちがうちがう!
それは毎日が色あせている、ついてないんじゃなくて「慣れてる」だけ。

海外旅行は楽しいでしょ?
それは新しいもの、人に出会えるから。
「新鮮」な何かを知れるから。


そんなチャンス、あなたの仕事の往復の電車にたくさんつまってる。学校の校庭にだって、コンビニにだってある。彼のおなじみの癖だって愛おしく感じるかもしれない。


毎日に新鮮さを感じ、小さなことに美しさを見出すだけで毎日が楽しいじゃない★
新しい挑戦をすることも「新鮮」をみつける重要な役割だと思う。

今はジョギングするだけで美しいあじさいに出会える季節なんだから。



2、辛い思いをする

泣きたいほど辛い思いをした人は美しくなる。


そこで気づき、成長し、人に伝えることのでき得る教訓を身体にしみこませるから。
辛い思いはいやだよね。


でも、辛い思いをしなければ「今」に出会わなかったと思うよ。


辛い思いの後のささいな幸せは何百倍も大きく感じる。
失恋のあとのケーキはパリで食べるよりずっと美味しい。
テストのあとのカラオケはめっちゃ楽しい。


その幸せに出会えた方が私にとっては大きいと思う。


今貴女の憧れの人が魅力的でキラキラ生きているとしたら、それは困難を乗り越えたからこそ。
辛い思いをするのを怖がったらダメ。

きっとそのあとにくる人生で生きる「私」はまったく違う楽しみ方を知ってるんじゃないかな



3、ナルシストになる


とにかく自分を愛してあげてほしい

もちろん心の中でねw

可愛い自分にご飯で栄養をあげる

可愛い自分を綺麗にしてあげる

可愛い自分が褒められるようにいっぱい仕事する→お褒めのビール

可愛い自分がもっと可愛くなるようにトレーニングしてみる


貴女の人生の中の主人公は、塾の先生でもなければ上司でもない。

貴女でしょーーー


自分が自分のこと嫌いだったら、誰が好きになってくれるのさ。

健康で今日も生きている私に感謝して、労わってあげる。
そしてたまにスパイスをいれて味のある人生をつくりあげる。
体が一番大事。


それが生きる上での使命であり、毎日を楽しく生きる方法なのかもねん








以上、勝手な解釈。
1つでも皆さんの心に伝われば十分



最後にオススメの本を一冊
いま、まさに私が呼んでいる本

photo:01



"How Starbucks Saved My Life" by Michael Gates Gill


この本は洋書ではあるけど、人生において何が大切か、何が毎日を楽しくさせてくれるかが書かれています。
簡単に説明すると

大手銀行勤めエリートの方が会社をいきなりクビになり、家族をなくし、すべてを失ってしまう。

失業後、生きる気力もなくstarbucksでラテを飲んでいるところに、働かないかとのお誘い。

エリートからstarbucksバイトへ変わり、沢山の幸せに気づく実話!


とても素敵なので興味のある方は読んでみてください★




長くなってしまいましたが、ここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!!


すてきなディナーを。
ちゃんちゃんっ ←昭和







ファイナリストの時からお世話になっている岡野さんと撮影!

photo:01



photo:02



どんな仕上がりか楽しみです!
楽しみにしていてください★

photo:03





↑このページのトップへ