月別アーカイブ / 2018年12月



DSC_8025.JPG
今年からフラワーアレンジメントを学ぶ
生徒さん向けにハーブ&アロマ知識の
授業を担当させていただいてます
o0800060014322586323.jpg
植物やアロマ、身体のメカニズムについて
眠くなるような内容のお話をしますが

皆さん真剣にノートをとったり
質問したりしてくださります

それぞれ知識を増やして
花業界でご活躍されることでしょう
o0600080014322586319.jpgハーブ知識
最後の時間はタッジーマッジーづくり!
DSC_8040.JPGタッジーマッジーとは
西洋で災いを遠ざける願いを込めた
香りのハーブを使った小さな花束
DSC_8037.JPGバラやキク科の花などを中心に置き
フリースタイルで仕上げる
ナチュラルブーケ

旅の安全を願って
旅人に贈ることもあったため
現在でもヨーロッパの王室の方が
外交の際に小さな花束を
携えてることがありますね

幸運を願ったり気持ちを伝える
花言葉なんかを意識して
アレンジすることもあります
DSC_8031.JPG
センテッドゼラニウムの香りの
タッジーマッジーを作ってもらいました

花材は同じでも
仕上がりの形やアレンジ、茎の長さ等
作る人によって印象が変わります
まさに十人十色

テーブルにちょこんと置いて
さりげなく飾れば年末年始
ホームパーティーも盛り上がりますね♪

DSC_1273.JPGポマンダーとは
中世ヨーロッパから伝わる
魔除けの香り玉のこと

作り方はいろいろありますが、
こちらはフルーツポマンダー

レモンやミカンなどの柑橘や
りんごなどフルーツに
均等につまようじであけた穴に
丁子(クローブ)を差し込みます

最後にシナモンやカルダモン等の
スパイスパウダーをまぶすと
より腐りにくくなります
吊るして乾燥させると出来あがり♪

中世ヨーロッパでは
香りのポマンダーは
病魔(悪魔)を祓う魔除けになると
信じられていました
DSC_1274.JPG
仕事柄いろいろなフルーツで作りました

レモン、みかん、ゆず、きんかん、
はっさく、ネーブルなどなど

ゆずは果汁が飛び出てくるので
目に入らないよう気をつけて❗️
DSC_6291.JPGお正月飾りのダイダイでもオッケー(*^_^*)
IMG_1042.JPG1番キレイに仕上がったのは、、、
ネーブルでした‼️
写真で吊り下げてるのがネーブルです。

クローブの防腐・抗菌作用が
果実の中まで染み込んで、
腐らず乾燥して
いわば、果実のミイラ!?になりますが
よい香りを漂わせます

クローブは歯医者のスパイス・ハーブと
言われるほど病院の様な香りがします
その昔、フランスで
歯医者さんがストライキに入った際には
「スト中に歯が痛くなった方は、
痛い歯にクローブを差して」と、
新聞広告に出したそうです

お肉に差して焼いたり、
グリューワインの風味づけ、
ザワーグラフトやフルーツコンポートなど
料理に利用されます♪

ちなみに精油は
ペパーミント、はっかを
ブレンドすると台所の害虫を
防ぐと言われてますので
ある意味《魔除け》ですね!

DSC_7995.JPGまもなくクリスマスですね~❗️
クリスマスリースをフレッシュで作りました
今年の振り返りを少々してみます♪
IMG_20181112_150737.jpg昨年がインプットの年だった反動か
今年はアウトプットすることが多かった
仲間内でアロマオイルの
ワークショップを頼まれたり
o0360048014258868030.jpg
初めてクラフトマーケット出店で
ワークショップしたり
DSC_7117.JPG
ルームスプレーを
リクエストにより納品したり
o0800060014243493006.jpg
ご縁があって、
ハーブ&アロマ知識の授業を
定期的に担当することになり
今もテキスト作成に追われています(。・_・。)
o0768102414229151526.jpg
アロマセミナーもさせていただきました♪
ちょっとしたことを伝えるだけで
喜んでもらえるのは嬉しいかぎり(*^_^*)

ちょっとそんなこともこれから
ブログに書いてみようと思います!

↑このページのトップへ