月別アーカイブ / 2018年07月

DSC_4220.JPGベルギーでお散歩した
ブルージュ
教会がたくさんありました
マリア様の像がたたずむ街角
まるで街全体が美術館のよう
DSC_4242.JPG
小さな運河が流れ
00060002.JPG
クルーズを楽しむこともできます
DSC_4282.JPG
風車もあり
のんびりしたひとときを
過ごすのにオススメの街です
00980001.JPG
どこもかしこも絵になる風景
DSC_4228.JPGちょっとした路地にも
彫刻がありました
DSC_4255.JPG
芙蓉の花かな?
DSC_4312.JPG
お天気もよく
気持ちのよい昼下がり
のんびりお散歩
DSC_4383.JPG
首都ブリュッセルは一転して
活気のある観光地って感じでした
DSC_4386.JPG

フラワーカーペットの替わりの
ベジタブルカーペット?
DSC_4403.JPG
通りの名前がハーブ市場
昔はハーブ市場が並んでいたのでしょうか
今はレストランやお土産屋さんが並んでました
DSC_4437.JPG
彫刻の素晴らしい建物が
印象的な都市でした!

DSC_4490.JPG
街角にインパチェンス❓
人の背丈より高いので驚きました

DSC_4478.JPG

さて、ベルギーと言えば
チョコレート大国♪
チョコレートホリックという素敵な店名
チョコ好きは訪れて損はないですヾ(@゜▽゜@)ノ
思ったよりビターチョコ(ノワール)が
主流っぽかった

また、ベルギーは精油メーカー
プラナロムが有名で
オーガニックショップで買えますが
ローマンカモミール精油が
EURO 32くらいでした❗️
アロマ好きな方は精油ハンティングも
オススメです♪

DSC_7116.JPG7月14日に花セミナーシリーズにて
アロマセミナー講師をさせていただきました

当日は様々な参加者の皆さまと
ハーブティーを飲みながら
いろいろお話ができて楽しかったです♪

用意していたプチプレゼントも
喜んでいただけてよかった!

ご参加いただき誠にありがとうございました(*^_^*)

セミナーの様子はこちらに
載せていただいてます
https://ameblo.jp/image--kyoto/entry-12390849305.html
DSC_7117.JPG
imageさんのリクエストで
ルームスプレーも♪

自然の香りを利用して
暑い夏をのりきりましょう!!
DSC_7114.JPG
さて、京都の夏といえば
祇園祭♪

スタジオ周辺には
山鉾が並び賑わっておりました

山鉾の装飾には真松や榊も
使われています
DSC_7135.JPG
月鉾の願い御守りには
何のお願いを掛けようかな♪



DSC_3689.JPGイタリアから列車で
南仏ニースに到着
DSC_3693.JPG
ニースは海岸が石なのです
石浜?というのでしょうか
辺りには甘い香りが漂っていました♪
DSC_3724.JPG
オリーブの木
ちょっとハート型に見えませんか?
ちなみにオリーブの葉も
ハート型のものがあり、見つけると
幸運が訪れると言われてます
DSC_3729.JPG
おしゃれな街角のパン屋さん
フランスはどこで食べても
おいしいパンにありつけます!

DSC_3753.JPG
蒼い空と教会
美しいコントラスト
DSC_3762.JPG
街の薬屋さん
DSC_3764.JPG
フランスはHERBORISTE《エルボリステ》
植物療法に使用されるハーブの専門店が
あるのです
生活の中でハーブが身近に取り入れられています
DSC_3781.JPG
プロヴァンスで出逢った黒猫
ヨーロッパでは縁起のよい動物です
DSC_3803.JPG
道端の雑草
よくみるとチコリでした(笑)

DSC_3809.JPG
プロヴァンスのマルシェは
活気があってディスプレイも
スタイリッシュ‼️

DSC_3833.JPG
さすがのラベンダー推し
DSC_3862.JPG
写真撮っていいよ~
と、観光客に愛想のよい
お菓子屋さんのムッシュー
DSC_3880.JPG
スパイス&ハーブも
量り売りで、必要なだけ手に入ります🎵
DSC_4026.JPG
ルシヨンのお土産屋さん
何でも絵になるプロヴァンス
DSC_4081.JPG
時計草が鮮やかに咲いていました
その花姿が時計の文字盤に似ている
ところからつけられた名前

欧米ではキリストの磔に見えるところから
パッション(受難)フラワーと呼ばれます

メディカルハーブでは
チャボトケイソウの花を利用
自然のトランキライザー(精神安定剤)と
呼ばれ、ポピュラーなハーブのひとつ

花のハーブティーはよい眠りを得られる
効果が期待できるとされ、おやすみ前に
おすすめです

植物療法では
不安を感じるときや
心を落ち着けたいときに
花の粉末の錠剤を利用します

薬効が期待できるのは花部ですが
果実はおなじみパッションフルーツ
気分壮快にするとして食べられたり、
ドリンクに利用されています
DSC_4084.JPG
憧れていた南仏プロヴァンス
素敵なところでした

またいつか訪れたい場所です


↑このページのトップへ