月別アーカイブ / 2018年02月

DSC_5546.JPG
冬の長いカナダでは秋から
冬用の保存食をつくります

ファーマーズマーケットで
たくさん仕入れたミニキュウリを
ピクルスにします!
DSC_5544.JPG
いっぱいのメイソンジャーに
下準備したキュウリを詰めて
ハーブやスパイスを入れて
ピクルス液を流し入れて
フタを閉めてから
圧力鍋で密閉します
DSC_5547.JPG
ハーブガーデンで収穫した
ガーリックやフェンネルをたっぷり使って
クローブを入れて風味づけ♪
フェンネルは果実が熟す前の状態で利用します
DSC_5545.JPG
冬支度といいながら、1年分はあります
9月に前年に作った分の
ピクルスを食べてましたから(*^_^*)
DSC_5725.JPG
ピクルス作りは一日仕事なので、
誰も遊んでくれないから、
寝るしかない🐱
DSC_5728.JPG
ごはんの時間まで寝るニャー
DSC_5895.JPG
夏に背丈より大きく育ち
満開になるフェンネル
セリ科も元気な種類が多いですね~

葉も種(果実)も利用できる
料理の強い味方!!
イタリアではフェノッキオと呼ばれる
根元が肥大するフローレンスフェンネルを
野菜としてセロリのようによく使います

ディルやアニスなどアネトールを含む
ハーブの中でも使いやすい種類です

食材の臭みを消すため、
魚介類のハーブとして有名ですが、
独特の風味はポテトサラダに刻んだ葉を
混ぜこんだりしても美味しいです♪

種を噛むと甘みもあり、
パンやクッキーなど焼き菓子の生地に
練り込んで焼くのもオススメです!

フェンネルティーは身体が
スッキリすると言われますし
女性に人気です(*^_^*)

また、フェンネルシードを水から煮て
濾した液を砂糖やハチミツで煮詰めたシロップは
小児用のどシロップにも利用される程。
乾燥する冬の時期に大活躍!

その昔、フェンネルシードを
浸出させた濃いハーブティーは
洗眼用にも使われていました
フェンネルには
視力を回復する力があると
信じられていたためですが、
実際フェンネルには、ビタミンBなど
目にやさしい成分が含まれているので
そうした利用方法も納得です




DSC_5375.JPG
Tobermory
トバモリー

北米五大湖のひとつ
ヒューロン湖の湖畔のまち
DSC_5363.JPG
ティナはここの国立公園のガイドさんです
お仕事に行くついでに乗っけてもらって
皆でハイキングへ行きました♪
DSC_5367.JPG緑と碧が広がる世界
私の愛してやまない風景
DSC_5370.JPG
カナダに来ることがあれば
一度は訪れてほしい場所です
DSC_5396.JPG
ウォータースネイクもいますが(笑)
泳げるスポットがあります
夏は水着持参がオススメです
DSC_5402.JPG
どこまでも透き通っている
うつくしい湖

ここに来ると湖と
同化したくなるような
心が洗われる場所です
DSC_5436.JPG
散策するだけで
癒されます
DSC_5677.JPG
吸い込まれそうな
美しさ
DSC_5688.JPG
カナダの壮大な自然に圧倒されます
DSC_5871.JPG
そんなカナダで満開の
キク科のゴールデンロッド
和名はアキノキリンソウ

満開時に地上部を収穫し乾燥させます
英国のハーバリスト、カルペパーは
昔から体内の悪いものや石をデトックスすると
言われてきたところから
強い浄化作用が期待できるハーブティー
と考えていたようです

風邪の時期にもオススメです

ひきしめる効果も期待できるところから
外用にバームを作って傷口に塗布したり
幅広く利用されてきました
DSC_5882.JPG
とても丈夫でよく育つため
庭一面に広がる満開のゴールデンロッド
《黄金の杖》のように輝いていました








↑このページのトップへ