月別アーカイブ / 2018年01月

DSC_5481.JPG
HARVEST MOONには
美しいネコが2匹
ふたりは兄弟です♂

模様は全然違うけど、
顔と行動が似ています(笑)
DSC_5532.JPG
美しい毛並みで
ブラッシングが大好きなGD
食べることと、寝ること第一です(*^_^*)
DSC_5549.JPG
私の部屋へ遊びに来たのは
ジャック♪
好奇心旺盛でいつもどこかへ
出かけて行きます
DSC_5552.JPG
お布団だいすき
DSC_5359.JPG
ふたりとも
ハーブガーデンのキャットニップ付近で
よく昼寝してました

キャットニップは
実はミントの近縁種でミント類とは
違うのですが。。。
ちなみに和名はイヌハッカといいます(笑)
ネコちゃんに大人気❗️
もちろん個体差はありますけどね

和名でイヌとつくものは実は「否」「違う」
という意味で使われたりするんです
この場合は、ハッカじゃない、という
意味からつけられたのかな?
DSC_5286.JPG
ミントの種類はとても多くて
日本の薄荷もそのうちの1種
ペパーミントやスペアミントが
ポピュラーです

私はハッカ油をいつもバッグに
入れて持ち歩いています

気分転換、
ちょっとお掃除、
気分が悪くなったとき、
痛みを感じたとき、
なんでも使えます

メントールパワーは
あなどれませんヾ(@゜▽゜@)ノ
DSC_5324.JPG葉はもちろん、風味がとてもいいので
ティーなどドリンクにも!

こちらはミントとバジルを
ウォッカに漬け込んだお酒♪

ティナ&グラハムのお友達の
ゲストハウスパーティーで
いただきました!
炭酸水やジュースで割って
飲みます

さわやかでおいしい(・∀・)人(・∀・)
DSC_5533.JPGさてさて、栽培するなら
ミントの中でも
おすすめはチョコレートミント!
こちらは収穫して乾燥させたもの
ハーブティー用です
DSC_5209.JPG
ペパーミント系で、
香りはほんのりチョコミントアイスを
思わせる甘さがあり

葉色がシックで庭や寄せ植えに、
花色は紫でアレンジメントにも♪

もちろんメントールが含まれてますので
ハーブティーにおすすめです

日本のハーブ本には鑑賞用と
書かれているものもありますが、
食用で無農薬で育てたものなら
フレッシュでも♪ドライでも♪
使いどころいっぱいです!


ミントはリフレッシュ効果の
イメージが強いですが、
リフレッシュの後に
リラックスへ導いてくれる効果が
期待できる万能ハーブ

ヒヤッと感じる清涼感がありますが、
身体は冷やさないという
不思議なハーブ

朝目覚めたとき、
日中シャキッとしたいとき、
おやすみ前にも、
どんなときでも使えます❗️

海外ではお子様にも
飲ませるハーブですし、
家族みんなでミントティーを
毎日のお茶にするのもいいです

緑茶に加えると
ほんのり甘味を与えてくれるため
飲みやすくてオススメブレンドです(*^_^*)










DSC_5813.JPG
ベーカリーのスイーツは
どれもおいしくて、
私はステイ中おやつに
困ることはありません(笑)

チョコチップスコーンや
DSC_5844.JPG
生クリームたっぷりのエクレア
DSC_5815.JPG
私がお手伝いした
スペシャルスコーンは
甘いピーチをふんだんに
使って、
右のチョコフレークは
コーヒー豆がミックスされて
ほんのりビター♪
DSC_5340.JPG
ディナー後にも
スイーツタイムがあります♪
欲張りな私は
チョコレートタルトと
ピーチパイをチョイスヾ(@゜▽゜@)ノ
DSC_5243.JPG
チョコレートブラウニーは
豆腐を使っており、
見た目に反してベジタリアン仕様の
ヘルシーなスイーツ
DSC_5474.JPG
そして、私の大好きな
チョコチップクッキー❤️
世界で一番好きなクッキーです(*^_^*)
DSC_5548.JPG
ベリーパイもクリームをのせて♪
幸せな毎日でした(笑)
DSC_5626.JPG
さてさて、厳しい冬に備えて
カナダは9月から冬支度を
はじめます

収穫した玉ねぎを使って
オニオンブレイドを編みます
DSC_5627.JPG
葉付きの玉ねぎの土を払って
交差させます
00730002.JPG
3つめは葉が長いものを
真ん中に置いて
DSC_5628.JPG葉を三つあみの要領で
ひと編み
DSC_5629.JPG
真ん中に新たに玉ねぎを置いて
どんどん編み込みます
DSC_5635.JPG
16~17個くらいの
玉ねぎを編み込み
DSC_5636.JPG
先をヒモで縛って、編み込み

DSC_5630.JPG
オニオンブレイド完成❗️
これを吊るすと腐りにくくなり
長い冬の間、1個づつもぎって
料理に使用します

20本くらい作ったので、
私がこの旅で得た一番の技術が
オニオンブレイド作りかもしれません(笑)

タマネギは日本でもおなじみの
常備野菜
私も大好きな野菜ですが、
タマネギを切るときは号泣です。。。

あの涙はタマネギの香り成分
硫化アリルによって出てきます
揮発性の催涙物質で目や鼻の
粘膜を刺激するんですね

ちなみにレッドオニオンの香りは強烈です!
ベーカリーのお手伝いで皮をむいただけで
私は号泣!!接近禁止令が出ました(笑)
食べるのは大好きですが。。。

さて、この香り成分は
ぐっすりおやすみになりたいときに
オススメでもあります
眠れない夜には、オニオンスープを
作って飲んでみましょう♪

清潔な茶色い皮をブーケガルニに加え
出汁をとったり、お茶にしたりします

日本でもタマネギは生活習慣病の予防に
期待できるといわれていますね

何千年も昔から世界で利用されている
健康に役立つ偉大なハーブです!

DSC_5622.JPG
HARVEST MOONの
ハーブガーデンで収穫した
ハーブたちはキッチン前に
吊り下げて自然乾燥させます♪
DSC_5485.JPG
乾燥したものは
砕いてビンに集めて保存♪
写真はネトル

これでいつでも飲みたいときに
ハーブティーを年中楽しめます
ネトルは以前イギリスのブログで
ご紹介しました(*^_^*)
★イギリス生活を後にして
https://lineblog.me/kamitsure29/archives/575661.html

DSC_5486.JPG
まずはネトルの葉だけを
集めて不純物を取り除きます

生葉の状態では
トゲに注意が必要なネトル
乾燥するとトゲの危険はないですが
アレルギー対策&衛生上の観点から
ゴム手袋をつけて作業します
DSC_5489.JPG
簡単に粉々になっていきます
ある程度同じ大きさに砕きます
それを保存ビンに集めていきます
DSC_5488.JPG
茎だけ残ったものが、こちら
これはコンポスト行き
また次の植物を育てる肥料に
なります
DSC_5493.JPG
鮮やかな黄色の花
セントジョーンズワート
和名はオトギリソウ
ゲームや小説などでも聞く
有名な薬草ですね
DSC_5495.JPG
こちらは砕かずに
大きさを整えて
花をビンに集めます

植物油に漬け込んで抽出した
セントジョーンズワートオイルやチンキ
乾燥した花と葉のハーブティーは
古代ギリシャ時代から民間薬として
利用されてきました

花に含まれるヒペリシンは脂溶性で
赤黒い色素のため黄色の花
なのに暗い赤色のオイルになります

昔から赤いものは女性に良いと
言われていますが、
女性特有の痛みには
腰~仙骨辺りにすりこんだり、
運動の後のマッサージオイルに

私はペパーミント油、はっか油と
混ぜて塗布しています

気分が落ち込むときに
ルイボスやミントなどに混ぜて
ハーブティーで飲むのも
オススメです!
DSC_5497.JPG
こちらはモナルダ

柑橘のベルガモットに、
似た香りがすることから
ベルガモットとも呼ばれる
北米原産のシソ科ハーブ
DSC_5496.JPG
花と葉をミックスして
砕きます
作業中、よい香り~♪
DSC_5861.JPG
ビンに詰めたハーブは
品種ごとに保存し、
後でブレンドしたりして
楽しみます♪
DSC_2909.JPG
モナルダは花姿も鮮やかで
園芸としても親しまれています

ネイティブアメリカンの
オスウェゴ族が愛飲しているため
オスウェゴティーとも言うハーブティーは
風邪の予防など効果が期待できるとされ、
お口の中の健康も保つと言われます

葉も肉料理などに振りかけたり
オレガノに似た感覚で
利用されます



↑このページのトップへ