月別アーカイブ / 2017年12月

DSC_5248.JPG
レオニダスのチョコレートの
おいしさに癒されながら

アイスランドを後にして
DSC_5115.JPG
私はヨーロッパを離れて
建国150周年のカナダの地へ
再び降り立ちました~!
DSC_5230.JPG
目指すはオンタリオ州北部
Bruce半島
Georgian Bayの近く
00560001.JPG
空港からバスで直行です

渋滞に巻き込まれたため、
バスに揺られて約6時間

ついにバスターミナルでティナと
感動の再会!!

そこから更に
ハイウェイ6を北上して
DSC_5134.JPG
愛してやまない
HARVEST MOON Organic bakeryに
やってきました♪

この地へ来るのは、6年ぶりです
DSC_5650.JPG
素晴らしい風景
広い庭から母屋が見えます
DSC_5645.JPG
グラハムが建てたカラフルな母屋
ティナの造った大きな顔のオブジェが
みえます
DSC_5224.JPG
母屋に泊まらせてもらう前に
新設された森の中の小屋
BUNKYで宿泊を体験♪
DSC_5227.JPG
すべて手作りのログハウス♪
森の中で生活するのって
静かだったり、動物の声が聞こえたり
素敵な体験でした
DSC_5177.JPG
ベーカリーの下に
カラフルなチェアが並びます
ベーカリーで購入したパンやスイーツは
庭を眺めながら楽しめます(*^_^*)
どれもおいしくて本当に素敵なベーカリー
DSC_5251.JPG
さて、タイやヨガなど
オリエンタルが好きな一家ですが
ネイティブアメリカンとも
仲良しなHARVEST MOON FAMILY
DSC_5250.JPG
こちらはスマッジ
スマッジングと呼ばれる
ネイティブアメリカンの
浄化の儀式で使用されます

儀式と言っても使用法は
お香と同じ
日本で例えると
毎朝、仏壇に線香をつける感覚の
ライトなものです

邪気をはらう、リラックスする感じの
浄化ですね
これはホワイトセージと
スウィートグラスを束ねて
作られています♪
DSC_5331.JPG
じゃ~ん❗️
スマッジングハーブのひとつ
スウィートグラスです

北米に自生するハーブですが、
庭のハーブガーデンに
植えてみました
DSC_5330.JPG
成長すると1mを超えるそう
次に来たとき育ってるかな~
DSC_5761.JPG
こちらが乾燥させた
スウィートグラス

バニラのようなほんのり甘い香りがします
クマリンを含むため桜餅を思わせる
おだやかないい香り♪
これを三つ編みにして、お香のように
焚きます

イネ科なので、これでカゴを編んだり
葉をポプリにしたり

ヨーロッパでも神聖なものとして
教会の周りに撒かれたり、
利用されます
有名なポーランドのお酒ズブロッカは
ウォッカにこの香りを移したものです





DSC_4992.JPG
アムステルダムを22:00に飛び立ち
数時間。。。
見えてきたのは夕焼けの風景
時系列が不思議ですよね(笑)

白夜を終えたばかりの
アイスランドです
ヨーロッパとの時差は-1時間
夏の夕焼けは23:00頃になります
DSC_5035.JPG
数時間で今度は夜明けです
空港からバスで首都レイキャビクへ
さぁ、お散歩しましょう♪
DSC_5031.JPG
8月半ばというのに
肌寒い早朝
ケールやキク系は元気そう

ゆったりできる
素敵な公園を見つけました
00540001.JPG
5:00頃、人もまばらで
静かな風景に癒されます
DSC_4996.JPG
ケプラヴィーク空港は24時間営業
首都レイキャビクに行く前に
腹ごしらえをしましたが。。。

DSC_4993.JPG
ポテトと
DSC_4994.JPG
ローストビーフサンド
これで約2,000円ちょっとかかりました
セルフサービスで。。。
高い~!!
DSC_5006.JPG
話を散歩に戻します
色とりどりの花が咲いています
DSC_5042.JPG
ヨーロッパってこういう
建物にイラストを描く文化があるのか
おしゃれですね~
DSC_5044.JPG
ワイルドストロベリーは
どこでも元気だなぁ
DSC_5082.JPG
アイスランドで一番高い建物は
ハットルグリムス教会
ロケットのようなラインが美しい
DSC_5094.JPG
遠くにお山が見えます
火山が多いので
富士山のようなキレイな形
IMG_20170818_094033_309.jpg
さて、散策で一番気に入った花
なのに、名前がわかりません💦

とても瑞々しく、爽やかな石けんのような
甘い香りの花

至るところに生えていて
本当に素敵な香りで何度も嗅ぎました

日本でも手に入る品種ならいいな~

この香りの香水ならほしい。。。
日本に帰ってから頑張って
精油をブレンドして再現したい!!

この花の香りのためだけに
アイスランドへ再訪したい(笑)
IMG_20170818_094033_308.jpg
アイスランドといえば

アイスランドモス❗️
ウメノキゴケ科で
フラワーアレンジメントや模型用でも
おなじみ
かわいいモコモコした形が人気♪

アイスランドや北欧の人々にとっては
大切な食料として、自然薬として利用
する大切な生物

強力な抗菌や
粘膜保護をする効果が
期待できると言われます

アイスランド産ハーブと共に
ハーブティーとして飲まれたり
うがい用に、と利用されてきました
ハーブ医療が進んだドイツでは
咳が出るこどもに用いられる
こともあるそう

フィトセラピーでは
身体を元気にしてくれる
粘液ハーブとして扱われます

昔から寒く乾燥する気候の
アイスランドやヨーロッパの人々の
健康を守ってきたのでしょうね

疲労回復に役立つ食材として
スープの具や非常食で食べられ
もうすぐサンタのソリをひく力持ちの
トナカイたちも食べているとか(*^_^*)


※飲用には食用のアイスランドモスを
ご使用ください
DSC_5107.JPG





DSC_4963.JPG
さすがはお花の国オランダ
空港の花屋さんの
フラワーアレンジメント
レベル高いです🌷

アムステルダムの
スキポール空港にて
DSC_4967.JPG
見てるだけで楽しい
お花たち
空港のお迎え用
なのでしょうね
DSC_4922.JPG
オランダと言えば木靴

DSC_4929.JPG
はい、チーズ♪
DSC_4928.JPG
オランダがヨーロッパ旅
最後の国でした
デルフトしかり徒歩で回れる
かわいい町が好きでした

DSC_4952.JPG
レオニダスでアイスタイム(*^_^*)
ヨーロッパではピスターシェ(ピスタチオ)
定番のようです
DSC_4955.JPG
道端にローズマリー!
植栽で植えられている感じですが
伸びたがりのコなので
元気に飛び出てました!

葉を触ると良い香りが
指に付きます

シソ科低木なので
一度根付くと放置で育ちます

お肉料理によく合いますね~
チキンにかけて焼くだけで
レストランの味に早変り♪
ポテトにも振りかけて
つけ合わせもハーブ風味に(*^_^*)

ハーブティーとしては
モーニングティーにおすすめ♪
スッキリ目が覚めるような香りを
楽しめます

私はいつも緑茶&ローズマリーの
ブレンドをおすすめしています

朝の一杯、緑茶を湯呑みに
注いでから庭のローズマリーを1㎝くらい
ちぎって、ポンっと浮かべます

お風呂に入れるハーブバスも
身体が温まるのでおすすめ♪
湯気の中にローズマリーの成分が
入り、スチーム美容効果が期待できます
あと、髪も健やかに保つと言われ
美と健康に役立つと古くから人気のハーブ

余談ですが、菓子パンなどの原材料に
「酸化防止剤(ローズマリー抽出物)」
よく見ます
合成の酸化防止剤より優秀とも
言われる抗酸化作用が期待できる
ためですね

これからの時期は
フレッシュローズマリーを
使ったアレンジメントや
枝を円形に束ねて
クリスマスリースを作るのも
おすすめですね🎄





↑このページのトップへ