月別アーカイブ / 2017年11月

DSC_4217.JPG
ヨーロッパめぐりで
街歩きが楽しかった
ブルージュ♪
00940002.JPG別名ベルギーのベネツィア
運河が流れています
DSC_4122.JPG
ヨーロッパといえば
窓辺には花鉢
ゼラニウムを植えるのは
魔除けの意味があるそう
DSC_4184.JPG
ブルージュの花屋も
おしゃれでした
DSC_4185.JPG
レモンのような香りがする
センテッドゼラニウム(*^_^*)
やはりモスキートファイター
として販売されているみたい
DSC_4230.JPG
オーガニックSHOPには
ハーブティーがいっぱい♪
日本ではバスソルトが有名な
クナイプのハーブティーも
あります
DSC_4267.JPGショーケースを
眺めるだけで
幸せな気持ちになる
ブルージュの
小さなパティスリー
DSC_4295.JPG
ゲストハウスには
フリードリンクに
ココアが常備♪
さすがチョコの国~
DSC_4297.JPG
再びオーガニックSHOPにて
野菜コーナーに存在感がある

巨大なアロエベラ

日本でも昔から「医者いらず」
と名高いハーブ
語源はアラビア語の苦い、から
きていると言われています

子どもの頃キダチアロエ食べたら
確かに苦かったな~

ゼリー状の葉肉部分を
熱湯にくぐらせ
サラダに入れて食用に。
また、シロップ煮にして、
日本でもおなじみ
ヨーグルトに入れて
食べると、スッキリするため
オススメです

美容によいことも知られ
クレオパトラは身体中に
アロエベラの汁を塗り、
美貌を保ったとか❗️

日本でも簡単に育ち
体を芯から温めてくれるので
お風呂にいれたり、乾燥させて
ハーブティーにしたり、
様々な利用法が楽しめます

子どもの頃、
肌が荒れたり
火傷したりな毎日で
よくアロエの汁を
塗っていたなぁ(*^_^*)

※妊娠中、授乳中の方は使用をお控えください
DSC_4470.JPG
さてさて
ベルギーと言えば
ブリュッセルの小便小僧も
有名ですね

朝は空いていて
写真撮影にピッタリですが
噂に違わずなかなかガッカリする
小さな像でした

DSC_4504.JPG
イチゴをこれでもか!とのせて
甘さ控えめのビターチョコレートを
たっぷり掛けていただきました。
名物ワッフル(*^_^*)
DSC_4499.JPG
ここは
しあわせの国✨
チョコレート大国のベルギー
ブリュッセルの街かどにあるカフェにて
DSC_4496.JPG
メニューを見るだけで
幸せです♪
DSC_4430.JPG
おなじみゴディバ❗️
フルーツのチョコレートがけ
DSC_4390.JPG
広場のフラワーイベントで
ゴディバの屋台を発見❗️
フルーツとチョコレートの
素晴らしいハーモニーで
おいしかったな~
DSC_4448.JPG
今年はフラワーカーペットが
開催されない年なので
野菜で絵を描いた
フラワーイベントでした
DSC_4461.JPG
ヨーロッパの街並みに
キレイに映えるバラ
DSC_4327.JPG
オーガニックshopが
あちこちにあり、
オーガニック野菜や
ハーブを漬け込んだ酒が
簡単に手に入ります
DSC_5176.JPG
さて、バラの花が咲いた後は
ローズヒップと呼ばれる
実がなります

主にドッグローズやハマナスの実が
ハーブとして利用されます

ビタミンの爆弾と
いうほどビタミン豊富で
特にビタミンCはレモンの20倍以上❗️

ビタミンCは熱に弱く、
普通は加熱すると破壊されてしまうところ、
ローズヒップにはビタミンCを熱から守る
別のビタミンも含まれているため、
ハーブティーやジャムにしても
ビタミンCを効率的に摂取できる
自然の妙❗️❗️

出がらしもハチミツかけて、
ヨーグルトやアイスにトッピングして
まるごと食べてしまうのがオススメです(*^_^*)

漢方で、ナニワイバラの
ローズヒップは金桜子の名でも
知られています
おいしく、健康のためにも良いとは
イイコトづくめですね♪

ちなみにローズヒップの精油は
美容によいことでも有名なので、
オイルに混ぜてケアしてもOK❗️
まさに女性にオススメのハーブ🌹








↑このページのトップへ