月別アーカイブ / 2017年08月

DSC_2866.JPG
チェコっとちょこっと訪れた
チェコ・チェスキークロムロフ
DSC_2872.JPG
しかし、とても良いお部屋に
泊まらせていただき、
今回の旅で一番素敵な宿だったかも♪
DSC_2877.JPG
そして、とても親切な人が多く
チェコ語が全くわからない私に
優しくしてくださった方々

なんと、人生初のヒッチハイクも
してしまいました(o・ω・o)
本当にありがたい
ジェクイー❗️
また、訪れたいな~
00770001.JPG
チェコを訪れたのは
薬草園が目的

中世ヨーロッパを再現した
テーマパークのようになっていて
DSC_3230.JPG
ケルティックパンケーキが
100円くらいで食べられました♪
この辺りもケルトの足跡が
残ってるんだな

パンケーキというより
クレープの様な感じ
DSC_3226.JPG
中にはベリーたっぷりの
ソースとヨーグルトクリームが
入ってます♪

ほどよい酸味でおいしいデザート

ヨーロッパはベリーをよく利用し、
種類も様々あるのでミックスしてるものが
多くあります

ラズベリー、ストロベリー、ブラックベリー、
カシスたち
DSC_1451.JPG
黒真珠のようなスグリ科のブラックカラント❗️
黒スグリ、カシスとも呼ばれます
カクテルでも有名ですね

カシスアントシアニンが豊富で
瞳に優しく働きかけてケアしてくれる
パワーはブルーベリーよりも強いと
言われます

また、身体を温めてくれると
昔からヨーロッパでは、ホットカシスを
飲用してきました
血の流れをスムーズにする効果が期待でき
カシス独特のポリフェノールは
様々な研究がされています

乾燥した葉もハーブティーとして
利用できます
カシスの香りに癒されますね

ビタミンCやEも豊富ですので、
美と健康のためにおすすめです(*^_^*)

イギリスにいたときは
最後のカシスシーズンで、
摘みたての黒スグリを
ヨーグルトに混ぜて毎日
食べました✨






00740002.JPG
夜になって
友達の働くレストランへ向かいます

途中迷ってしまうも
親切なおじさんが
「迷ってるのか?
このレストランならこの道まっすぐだ」
と、教えてくれてたどり着きました

DSC_2850.JPG
友達はまだ働いていたので
飲み物を注文したのですが
お店の方のご厚意で
グリーンティーをごちそうになりました!
DSC_2852.JPG
ディナーはローストポーク♪
つけ合わせは
ザワークラウトと
ザビエッテンクヌーデル
(バゲットからできていて
炒め玉ねぎと牛乳、バターミルク、卵
そしてマジョラム入り)

豚肉はとても柔らかくて
味はしっかりしてるのに優しい風味で
脂身もちょうどよく絡んで、
美味しかった~(*^_^*)
DSC_2855.JPG
デザートもいただいてしまいました♪
トップェンクヌーデル
じゃがいもをこねて団子状にした
クヌーデルに
ベリーのソースをかけて♪
甘すぎず、食後にピッタリ
しあわせ~
DSC_2851.JPG
写真奥
ザワークラウトにのってる
四角くこんがり焼き色ついた
ザビエッテンクヌーデル

味がしっかりついていて
マジョラムも効いた
サクサクカリっと
焼き麩のような食感♪

さて、マジョラムはシソ科のハーブ
ドイツではポテトに合わせたり、
肉の臭みを消し、風味を与える
ソーセージのハーブ、
シチューやチキンなど、
お料理に利用されます

独特の甘い香りがあり
料理よりコスメに利用される
ことも多いです

このロマンチックな香りは
愛の女神アフロディーテ(ビーナス)に
授けられたと言われます
ヨーロッパでは、伝統的に
花嫁の花冠に使用されてきました

スイートマジョラムの精油は
すごく気持ちを落ち着け
深いリラックス効果が期待できるため
乗り物や機械の運転前には
長時間嗅がないよう
注意が必要と言われるほどです

身体の巡りを良くすると、
トリートメントオイルにも
少量加えるのはおすすめ!

00730001.JPG
さてさて、友達の仕事が終わってから
レストランの方にお礼を言って、
久々の再会にベルリンの街で深夜まで
おしゃべりを楽しんだのでした♪





DSC_2797.JPG
前回のつづきです

癒しのアーバンガーデンにて
ランチプレートがEURO 6(*^_^*)

おなかそんなに空いてなかったのけど、
周りで皆食べてるので、食べたくなって
友人と半分コしました♪

カボチャにインゲン豆、ニンジン
野菜たっぷりのランチプレート!
DSC_2798.JPG赤い色のサラダは
ザワークラウト❗️

ドイツの伝統的な保存食で
独特の酸味はお酢を使用したわけでなく
塩漬けの発酵食品のため

千切りキャベツを
塩やハーブ(ローリエやジュニパーベリーなどが一般的らしい)でもんで
清潔な保存瓶に詰めるだけで
発酵すればできあがり♪
乳酸菌たっぷりでお腹に優しい♪
なにより美味しい♪
DSC_2796.JPG
厨房がランチの受け取り場所でした
DSC_2801.JPG
こちらが注文場所の
カフェ&バー
メニューはドイツ語ですが
みんな優しいスタッフで
英語対応してます
DSC_2823.JPG
さて、こちらはレッドキャベツ
日本では球形が売られてますが
円錐形に育つ「とんがりレッド」なども
おすすめです

おなじみキャベツは優秀なハーブ!
古代ギリシャの医者、薬理・植物学者
ディオスコリデスの博物誌でも
優れた効能が認められてます

ビタミンや食物繊維、カルシウム、ミネラル
豊富です

なかでもビタミンU(キャベジン)は
キャベツから発見されました
食前にキャベツのサラダをたべると
お腹の健康を保ってくれる
悪酔いしないとして
知られています

大好きな鳥貴○で
おかわり自由のちぎりキャベツを
いつもバリバリ食べる私(笑)

水に溶けやすいビタミンなので
煮込む場合はスープごと
いただきましょう♪

のどをスッキリさせたいときに
ハチミツとキャベツの煮汁を
飲むこともあるようです





↑このページのトップへ