DSC_1273.JPGポマンダーとは
中世ヨーロッパから伝わる
魔除けの香り玉のこと

作り方はいろいろありますが、
こちらはフルーツポマンダー

レモンやミカンなどの柑橘や
りんごなどフルーツに
均等につまようじであけた穴に
丁子(クローブ)を差し込みます

最後にシナモンやカルダモン等の
スパイスパウダーをまぶすと
より腐りにくくなります
吊るして乾燥させると出来あがり♪

中世ヨーロッパでは
香りのポマンダーは
病魔(悪魔)を祓う魔除けになると
信じられていました
DSC_1274.JPG
仕事柄いろいろなフルーツで作りました

レモン、みかん、ゆず、きんかん、
はっさく、ネーブルなどなど

ゆずは果汁が飛び出てくるので
目に入らないよう気をつけて❗️
DSC_6291.JPGお正月飾りのダイダイでもオッケー(*^_^*)
IMG_1042.JPG1番キレイに仕上がったのは、、、
ネーブルでした‼️
写真で吊り下げてるのがネーブルです。

クローブの防腐・抗菌作用が
果実の中まで染み込んで、
腐らず乾燥して
いわば、果実のミイラ!?になりますが
よい香りを漂わせます

クローブは歯医者のスパイス・ハーブと
言われるほど病院の様な香りがします
その昔、フランスで
歯医者さんがストライキに入った際には
「スト中に歯が痛くなった方は、
痛い歯にクローブを差して」と、
新聞広告に出したそうです

お肉に差して焼いたり、
グリューワインの風味づけ、
ザワーグラフトやフルーツコンポートなど
料理に利用されます♪

ちなみに精油は
ペパーミント、はっかを
ブレンドすると台所の害虫を
防ぐと言われてますので
ある意味《魔除け》ですね!