CIMG7486.JPG
旅立つ前に回想で、行った所とハーブの話を続けます。

写真はグリーンゲイブルズ。モンゴメリー作「赤毛のアン」の家です。これも7年程前に行きました♪

私もアンは大好きですが、思い入れがあるのはモンゴメリーが書いた続編からインスパイアし、制作されたドラマ[アボンリーへの道]主演はサラ・ポリー。

アンが巣立った後のアボンリーで繰り広げられる物語。美しい風景や20世紀初頭の衣装など、こども心に毎日ドラマを楽しみにしていました。

その憧れの風景が広がるプリンスエドワード島にやってきました。
まずは赤毛のアンの家。グリーンゲイブルズのキッチン
CIMG7499.JPG
よ~く見ると、あるんです。
「いちご水」
物語を知っている方には、おなじみのドリンクですね
日本人には珍しいドリンク。これは、ラズベリーコーディアル(raspberry cordial)というハーブドリンクです♪
ハーブ好きな方ならコーディアルって聞いたことあるかもしれませんね

イギリスのエルダーフラワーコーディアルが有名です
これはハーブや果実を煮詰めて作ったシロップのことで、水割りや炭酸水で割って飲むのですが、なんと言ってもおいしいo(*⌒―⌒*)o

最近はキリンさんの世界のキッチンからシリーズでもペットボトルで出てますね。

ちなみにラズベリーは身体を冷やさず、ビタミンCも豊富で、特に女性におすすめのフルーツ♪
ラズベリーの葉も素晴らしいハーブティーです。それはまた、別の機会に。

グリーンゲイブルズ ハウス
https://www.tourismpei.com/jp/green-gables-house
CIMG7313.JPG
プリンスエドワード島を散歩していたのは、6月下旬
ハマナスの花がいっぱい咲いてました🌼
遊歩道を歩くと香る、甘い香り~
日本でも人気の花です
英名はJapanese roseとも呼ばれますし、学名のRugosaとも言います

古くから日本でも精油を抽出し、実(偽果)はローズヒップとして利用できます
ジャムやハーブティーなど商品化もされていますね
これもビタミンCが豊富に含まれていて、ラズベリー同様、健康と美容効果が期待できます
CIMG7208.JPG
時期がはずれてリンゴの花の喜びの小道を見られなかった私にとって、アボンリーへの道はハマナスの香りの思い出と共にあります(*^_^*)

CIMG8853.JPG
まずは前の旅を振り返ってみます

もう6~7年前になりますか、私はカナダにいました。
トロントからバスでナイアガラの滝へひとり旅♪
滝の迫力には、圧倒されて楽しかったな~(*^_^*)
この写真は虹がかかってますが、晴れていれば常に虹がかかる瀑布の水量ですからね!
通りすがりのガイドのお姉さんが「Mistbow!」と言ってました(笑)
そう、Rainbowではないんですよね。雨ではなく、霧でかかる虹なので。

さて、このナイアガラにも植物園があるのです。
CIMG8897.JPG
園芸学校がされているようで、入場無料でした!
ちょうど6月くらいだったので、見応えはありましたよ~
CIMG8973.JPG
アイリスが美しかったな♪
もちろんハーブコーナーも充実してました。
今回はひとつだけ、ピックアップ
CIMG8940.JPG
チャイブですね。windowsill とは窓際の台(下枠部分)って意味です。キッチンの窓際でも育つんですよね。栽培初心者の方におすすめハーブです。
育てやすくてネギのように使えますし、花もかわいい(*^^*)花も食べられるエディブルフラワー(食用花)です。
サラダに散らしても、ポテトに混ぜてもおいしい♪クリームチーズにまぜるだけで、おしゃれで美味。
葉を食べる間は花を咲かすと堅くなるため、花芽は摘みましょう!
CIMG8936.JPG
こちらもチャイブ。chinese chivesは味がニラっぽいのかな?
でも、ニラはGarlic chives で白い星形のかわいい花でまた別。
どちらも育てやすく、虫も寄付きにくく、スグに生えるので常に収穫できますね。
ニラは言わずもがな、炒めるとおいしく、チャイブは生の方が風味がよいです。
CIMG9017.JPG
なんとモミジが紅葉してました。
日本の心を思い出しながら、英語でなんて言うのかな~っと、樹名札をみると。。。
CIMG9018.JPG
おぉ、そ~か、血のような葉か。。。
情緒が飛んでいきますね(笑)
英語ではよくある表現ですが、、
https://www.niagaraparks.com/visit/nature-garden/botanical-gardens-2/

さてさて、この時はMegabusにて、トロント~ナイアガラへ行きましたが安い便が取れたので、
往路11カナダドル  復路1ドル!!(1カナダドル=86円くらい)だったのです。
メガバス名物1ドルバス!!
交通費が浮いたおかげでナイアガラには1泊しました。

滝とハーブとウォーキングを楽しんだ旅だったな、と思い出しました。

いつから私はハーブに興味を持ったのか。。。

小学生のときに読んだ、魔女っこ入門の本からなのか

よくケガをする子どもで、道端に生えてるヨモギを傷にすりこむと早く治ることを実感していたからか

今となっては思い出せませんが、物心ついたときには、そばにハーブがありました。

それぐらい自然なこと、
難しいことは何もありません。。。何よりもハーブを生活のために使うと、便利なのです!
日本でも様々なハーブを使ってきました。
ヨモギなんて、ヨモギ餅、お灸のもぐさ、前述のように傷の手当てなど幅広く使います

シソがあれば、どんなお料理に使おうかスグに2~3品くらい頭に浮かびます

食事のときに飲む緑茶。。
お茶の産地では病気が少ないと言われますが、日本でも健康に良いことで知られ、海外ではグリーンティーと言えば人気のハーブティーです

でも、私たちには普通すぎてこれらが素晴らしいハーブであることをあまり意識してません

ローズマリー、セージ、タイム。。。
聞くとオシャレな感じ!素敵だけど、何に使ったらいいのかわからない!ハーブ!!

でも、ヨーロッパではお料理によく使うし、生活にも利用するし、その辺に当たり前に生えている

そう共通点は、住んでる近くにただ生えてたものを使ってた。それだけのこと(・∀・)人(・∀・)

ということは、その土地に行けばその土地のハーブについて、よく知ることができるんだな~

ということで、私はちょっくら旅に出ることにしました(* ̄∇ ̄)ノ

DSC_0167.JPG

↑このページのトップへ