どんだけ長くやっても




どれだけ濃く話しても




どれだけ語り明かしたり飲み明かしても






みんなは遊助以外の現場を知ってる。




マネージャーやレコード会社の担当みんなでも他のアーティストやタレントや役者の現場に行く。





僕のヘアメイクもスタイリストだって。





ダンサーも他の現場にかけつけたり、違うアーティストと踊ってみたり、振り付けをしたり、





DJの、ノブ君も『お疲れ様』てバイバイしたら帰るteamや場所がある。






バンドメンバーやスタッフも






きっと今も誰かはどこかで他のアーティストのLive中だ。





照明をあてたり。風をあてたり。グッズを考えたり、ステージを立てたり




音を出したり、衣装を着させたり、制作でアタフタしたり、円陣を組んだりしてるだろう。





だから、遊助としての打ち合わせや、リハして指示して、みんなでメシ食って語って、偉そうにしてるくせに






俺だけが俺の現場しか知らない。






足を運んでくれる人もそれぞれ来れる時、来れない時もあるだろう。






当たり前だけど、いつも向かってる待ち合わせ場所(スタジオや会場)に、絶対にそこにいるのは俺だけで。





ホームグラウンドにたった1人だけとゆーか🙄






ソロってそーゆー事だよな🤔て








なんか不思議だなぁといつも思うんだw







だから来てくれる人や、一緒に作ってくれる人に遊助のLiveや現場は心地良くて、元気が出る、自分らしくいれる






そんなホームみたいに思ってもらえるよう頑張るんだ^_^🌻