今日も、とある現場で朝から支度をしています。




あくびをしながら、鼻くそほじりながら、メイクさんが一生懸命、俺をその役に姿に変えてくれてる。




すると俺の右側の女優さんが、俺を飛ばして左側にいる仲の良さそうな女優さんに『そろそろスタバが開くけど何かいる?』




と聞いた。





俺が飛ばされた。笑





左側にいる女優さんは『あ、いい?ありがとう^_^じゃキャラメルマキアートで』




と飲み物を頼む。





さすが女優だ。小洒落てらっしゃる。






その後俺にも聞かれるのかな?





でも一応先輩だから、奢られるのも悪いしどうしよう。





なんてふと考えて





そのまま何も聞かれず5分経過。





…。






いーんだ、、全然いーんだよ。理由はきっとこうだ。






俺の目の前には、自分で持ってきた飲み物がある。









だからなんだ。





だから、彼女は、上地さんは大丈夫だなと思ったんだ。気を遣ってあえて聞かないんだ^_^






でも、、もし僕の後ろや周りのメイクさん達が、聞かれてない俺に気を使ってくれてたらどうしよう。





だとしたら申し訳ない。





左の女優さんも普通にしている。





ここは何とかしないと。んー🤔





そーだ🥤‼️


俺の目の前にある、自分の飲み物を飲んで





『俺は飲み物があるから大丈夫だよ🙆‍♂️誰も悪くない平和ないつもの朝だよキャンペーンをしよう』






鼻水をティッシュですくいながら、僕はそぅ思った。





が❗️ヤベェ💦‼️






俺が持ってきた🥤の残りが少ない










氷が丸出しになってやがる。これで飲んだら





ガラガラガラーズズズっガガガーーて鳴って





『俺も飲み物無いのになんで聞かないの😭キャンペーン』に早変わりしちまう。






それは余計みんな気を遣うな🙄よし。飲むのをやめよう。





鼻歌でも歌おう。






そこからさらに5分。











2人の飲み物が来た。😒





ヘッチャラ顔作ってるダサい私は今






喉がカラカラんなってきました笑







でも、しっかり今日も頑張ります❗️







気遣いのすれ違い物語












行ってきます