上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」 Powered by Ameba-image_ed.jpg
打ち合わせや取材で、ワケわからんバカな発想して発言して『へ?』て思われる人(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」 Powered by Ameba-___ed.jpg
 
役を演じた者として出てますが、バラエティーでアホな事ばっか言って、笑わせてんだか笑われてんだか分からないアホな人(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」 Powered by Ameba-DSC_0412_ed.jpg
 
素敵なアーティストChe'Nellちゃんに英語で
 
 
『次、一緒に曲をやりませんか?』
 
 
と言ってきてくれて、光栄に思い、音が国や言葉を越える事は凄い可能性があると、音楽の力を感じながら生番組でカメラマンさんを困らせた男。
 
 
 
 
全部オイラです。
 
v(・∀・)♪
 
 
 
 
 
そんなオイラの
 
 
ビバ!ノッサノッサ♪(本当は英語)のカップリング
 
『彩道』の説明書♪
 
 
 
 
彩道は『あやみち』って読みます。
 
 
 
 
また勝手作った俺語です。
(・∀・)
 
 
 
 
 
この曲は、靴のCMの方に発注して頂いて作りましが、最初オイラの頭の中では
 
 
靴イメージ=スタート
 
 
で、実は元々はもっと明るくポップな曲でした♪
 
 
 
 
そしたら先方の方に
 
 
『できればもぅ少し切なくというか淋しい感じ‥』
 
 
的な事を言われ正直悩みました。
 
 
 
 
ラブソングで、切なくて、靴のイメージ?と、頭ぐるぐる。
 
 
 
 
 
で悩んだ結果、この主人公の男が離れてしまったけど、その女性が前に進んでるように描いてみようとチャレンジしてみやした。
 
(^-^)v
 
 
 
 
ずーっと1人で目をつぶってたら、
 
 
 
 
 
もみじいちょう上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」 Powered by Ameba-M_01_30_10_13007320.gifが北風に吹かれて落とされた、一本道の奥に、背中を向けて手を繋いで歩いてるカップルが見えて、
 
 
 
 
そしたら更に先にある分かれ道で、手を離した彼女が何も言わずに手を離して1人で歩いて行きました。
 
 
 
 
 
彼はなんか分からんけど、1人で呆然と立ちつくした背中がオイラ見えて。
 
 
 
オイラが頭の中で
 
 
『いやや、追えよ!!』
 
 
て言っても彼は追いかけず、振り向くワケでもなく。彼女の背中を見送るワケでもなくそのままずっと。
 
 
 
 
しばらくしてオイラからは彼女が見えなくなり、彼は立ちつくしたままで、夕日が傾き彼1人の影がどんどん伸びて。
 
 
 
 
 
彼女の夢を応援する気持ちと、自分の行きたい道が違うのかな?て考えました。
 
 
 
その時の彩りの道が、なんとも言えなくて作った曲が『彩道』っす。
 
 
 
 
 
初めて作ったニュアンスの曲が出来上がった時、
 
 
 
『なんか、やっぱりこの背中しか見えない彼の表情を泣き顔にしたくないなぁ‥。』
 
 
 
てレコーディングし終わって、曲の最後サビの後にアウトロを付け加えました。
 
 
 
それがアウトロの
 
 
『10年でも100年でも君が見てる彩道。
辿り着く夢の続きが、僕の胸でありますように。』
 
 
 
『10年でも100年でも、僕が見えるこの道
辿り着く夢の続きに、君が笑顔でいますように。』
 
 
 
 
 
こーすりゃ、情けない男とか、後ろ髪を引かれて悩んでる男じゃなく、
 
 
彼が遠い遠い場所から彼女を大事に想い応援しながら、2つの道の先にまた合流地点があると心のどこかで願い、自分の道に一本踏み出す瞬間が聞いてて見えるかな(^-^)?
 
 
 
 
て歌いました♪
 
 
 
 
 
 
多分、不安と希望は友達のカップルみたいなもんす♪
 
(^-^)
 
 
離れたり、くっついたり。思い出を見ながらまた戻ったり止まったり。
 
 
 
結局、忘れた頃に手を繋いで一緒にまたやって来ます(笑)
 
 
 
 
 
で、理想と不満は親戚の夫婦みたいなもんす♪
 
 
 
 
たまーに夫婦でやってきて、ずっといたらいたで、もぅいい(-_-;)て思って(笑)部屋に入って違う事をやってると、気付いたらいなくなってる♪
 
 
 
 
 
 
そんな真逆のカップルや夫婦と付き合いながら、聞く人の恋や愛や想いや思い出が、
 
 
 
 
 
 
この歌で彩り、素敵な道となってるように♪!!って曲です♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
作った人より(・∀・)