月別アーカイブ / 2011年03月

新潟ライブ募金に今日もたくさんの方々が来て頂き本当に本当に、ありがとうございます。
 
 
 
 
 
近々大阪と今回の結果の詳細も細かく出しますし、全国ツアーにも募金箱や垂れ幕を設置したりして、全てまとめて責任を持って届けます。
 
 
 
 
今日はなんとか全員と握手できた。かな(x▽x;)?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」 Powered by Ameba-110330_171817_ed.jpg
 
 
 
 
で、今日はそのままの足で避難所の方にもいろいろ持って行ってきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」 Powered by Ameba-110330_135828_ed.jpg
 
 
 
 
 
そこは福島のあの南相馬の皆さんが避難してるところです。
 
 
 
体育館に段ボールのうちがいくつもあって、なんて言ったらいいか分からない雰囲気がだだっ広いそこに広がっていて。
 
 
 
 
そこで、みんながいきなりザワザワしだして、
 
 
『ウソ?本物?』の声とともにスウェットやジャージの皆さんが騒ぎながら出てきて集まり。
 
 
 
こっちに携帯を向ける人
 
 
ビックリしてる人
 
 
笑う人
 
 
泣く人
 
 
拍手する人
 
 
走り出す子供
 
 
 
 
そんな人の前で、いきなりそこの担当の方にマイクを渡された。
 
 
 
 
 
なんて言ったらいいか分からなかった。
 
 
 
 
言葉なんてない。
 
 
 
 
頭を振り絞ったけど、どんな顔でどんな言葉を選べば分からなかった。
 
 
 
 
 
 
ただ、
 
 
 
 
 
そこに広がった笑顔や、こんな俺なんかへ握手しながらの感謝や健康の心配などがある事に、涙をこらえるのが本当に必死で。
 
 
 
 
 
オイラは微力で、1人1人の傷や痛みを全て知り分かって、全ヵ所の全員を完全に助けるなんてできない。
 
 
 
そんな情けなさを、そこにいる人達が、心や顔や体や家族仲間そして思い出をいきなり傷付けられ、失ったにもかかわらず
 
 
 
『何言ってんだよぉ(笑)』
 
て優しく抱き締められてるみてーで。
 
 
 
 
300人いる体育館で今日持って行ったタオルやプレゼント、それだけじゃなく自分の着てる服やカバンや携帯にまで、
 
 
 
みんな1人何個もお願いされたサイン
 
 
 
 
 
その1つ1つ全てに『希望』って書いた。
 
 
 
 
 
 
それしかできなかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
みんなへの正解なんてないから、今日いた方々の中にも逆に邪魔や迷惑になってしまった人もいると思う。
 
 
 
 
けど、少しでも1人でも希望を願い、目的地は一緒なんだってもっと伝えたい。
 
 
 
 
だから毎日毎回オイラは冷静に考えて、今の自分の持ってる感情と力と無い頭をフル回転して全力でやるのが、今できる事な気がすんだ。
 
 
 
 
 
 
帰り際に小っちゃい子が『ゆーすけさんへ』て手紙をくれた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」 Powered by Ameba-110330_194202_ed.jpg
 
 
 
いつもありがとうから始まり
 
 
地震、津波、別れ、放射能。
 
 
ひらがなで一生懸命書いてた。
 
 
 
最後にまた本当にありがとうって。目から水が溢れた。
 
 
 
 
 
今日もエネルギーをおもいっきり吸いとられた感じだけど全然まだできる。
 
 
 
さっきから頭から離れない
 
 
『ぁ!おじーちゃんが声出した!!』
 
 
 
 
『本当に生きてて良かった』
 
 
 
 
『ありがとう。ありがとう。ありがとうねぇ』
 
 
 
 
『元気と希望をもらいました』
 
 
 
 
『昨日までは笑っちゃうしかなかったけど、今日初めてちゃんと笑ったよ。』 
 
 
 
て声と、帰り際みんなで手を振る姿。泣きながら合掌するおばあちゃん。
 
 
 
 
 
もっともっとなんかできる、もっとなんかしなきゃ!
 
 
 
 
今までそぅしてきたつもりだったけど、今回の地震で逆に励まされてる気がして
 
 
 
 
 
 
嫌なとこ見ててもしょーがないから、光をこじ開けようとすると、人は人を救うし笑顔は空気を変えるって、余計に気付かされるんだ。
 

4、5才の時に、オトンと弟と3人で、仮面ライダーのショウを見に行った時
 
 
 
 
途中でいきなりショッカーみたいのが客席に降りて来て、オイラをステージに上げようとした。
 
 
 
 
 
オイラは。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
ムチャクチャ泣いた。
 
 
 
 
 
 
 
 
泣いただけじゃなく、ショッカーが引く手に精一杯振りほどこうと、自分の体重を地面になすりつけて拒んだ。
 
 
 
 
そしたらショッカーは、とうとうオイラを諦めて、結局小学生くらいの違う子がステージに引っ張られた。
 
 
 
 
 
そのあと、当たり前に仮面ライダーが出てきて、ショッカーをやっつけて、エンディングで握手したりして、なんかもらってた。
 
 
 
 
 
それをオトンのズボンを握りしめて股の間から、グスグスヒックヒック(/へ;)
 
 
しながら弟に
 
 
『あいちゅ大人だもんな。おれだって大きくなったら、あそこ行けるぞ』なんて言ってた気がする。
 
 
 
 
 
そしたら。。。その帰りオトンに、
 
 
 
『あー情けねぇ本っ当に情けねぇ!!なんで立ち向かわないんだ!!』
 
 
 
つってムチャクチャ怒られた。
 
 
 
 
 
それが物心ついて初めて怒られた事であり、最初で最後に怒られた事でもあった。
 
 
 
 
 
 
だから多分一生忘れないと思う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、今頃自分の子供達が『サンフレイジャー』を先頭にオイラのケツをさらにバチバチ叩くんだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」 Powered by Ameba-110329_135259_ed.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『ゆけっ!ゆーすけ!!』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オッケー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」 Powered by Ameba-110328_144258_ed.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
かしこまりましたっ!!
 
ヽ(>Д<)
 

気仙沼で津波に残り立ち向かった船。
 
 
『ひまわり号』
 
 
勝手に何かを感じてます。
 
 
正解がないこの中で、間違えてはない!と勝手に思って進み続けとります!
 
 
 
 
できる事。やる事。やんなきゃいけねー事。したい事。
 
 
 
 
 
が、あるだけで感謝だし幸せだ。て、日々気付かされやす。
 
 
 
 
 
 
あの日。
 
 
 
 
やっとのツアー初日の本番前。武道館でどでかい揺れが起きて‥
 
 
 
 
しかもその日は偶然遊助の誕生日で‥
 
 
 
 
大阪城に続き新潟、仙台ができない今、このままでいくと初日が
 
 
『広島』
 
 
 
て、
 
 
 
 
 
 
それも今この時期、勝手に使命を感じてます。
 
 
 
 
リハーサル中でも、みんなの目、曲に詞に踊り、そして1人1人の気持ち。
 
 
 
 
を感じ、また改めていろんなことに気付いたり想う事がたくさんあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」 Powered by Ameba-110324_194807.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前向いてみんなで太陽向いてグングン行くどっ!
 
(*>○<)ノ

↑このページのトップへ