月別アーカイブ / 2010年03月

隣のスタジオで偶然伊藤由奈がいました。
 
 
 
休憩中『ヤッホー\(^○^)』
 
 
 
ゆなはいつも変わらず『ワォ♪ユースケィヾ(^▽^)ノ』と、ハワイアンのり(笑)
 
 
 
 
ちょうどレコーディングの合間にコメント撮りだったみたいなので、
 
 
 
 
 
『俺が手伝ってやんよ('-^*)』
 
 
 
 
 
とスタッフさんに頼んで、ゆなの打ち合わせ中、紙にマジックで書き書き(^-^)
 
 
 
 
 
オイラは照明さんのケーブルを持ち紙を持って叫びました。
 
 
 
『はぃこちら準備整いましたーヾ(^▽^)ノ!各部よろしければ直して本番いきますんで、みなさんお静かにー!』
 
 
 
 
ゆな
 
 
『‥ゆーすけうるさい。』
 
 
 
これがその時の様子です。
m(_ _)m
 
 
 
 
 
 
 
上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」 Powered by Ameba-F1000043.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
写真のよーに、1枚目は
 
 
『ボケてください。』
 
 
 
 
 
めくると2枚目は
 
 
『プロアクティブでニキビ治った?』
 
 
 
 
 
3枚目
 
 
『もっと笑って♪』
 
 
 
 
 
 
4枚目はへたくそな似顔絵
 
 
 
 
 
 
 
 
5枚目は
 
 
『なんかごめんね。』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント終わりにゆなはムチャクチャ発音よく言いました。
 
 
『誰かー!セキュリティー!!(;○;)』
 
 
 
 
 
 
 
オイラはしれーっと自分のスタジオに戻りましたm(_ _)m
 
 
 
 
 
 
 
 
すると仕返しに来たゆな。
 
 
 
 
 
 
 
自分のスタジオでオイラはメシ休憩中。
 
 
 
 
 
 
 
 
あまいのだょ( ̄ー+ ̄)フッフ

キジは桃太郎に見つかると、晩御飯の残りの吉備団子をいただきました。
 
 
 
桃太郎は言いました。
 
『その代わり鬼ヶ島に来て手伝っておくれ?』
 
 
 
 
 
キジは言いました。
 
 
『分かりました(^-^)では友達も呼びましょう。』
 
 
 
 
 
次の日。キジは友達を連れてきました。
 
 
 
 
 
犬。
 
 
 
 
猿。
 
 
 
 
 
カニ。
 
 
 
 
 
 
カニ‥カニ!?
 
 
 
 
 
 
猿カニ!?
 
(゜o゜;)(゜o゜;)(゜o゜;)
 
 
 
 
と、一同驚きましたが、金太郎、桃太郎、一寸法師、浦島太郎、キジ犬猿カニ。みんなで魔法水を求めて鬼ヶ島へ。
 
 
 
 
山を超え、川を超え、海を渡っている途中。
 
 
 
ボコボコ。亀が現れました。
 
『浦島太郎はーん!渡す箱間違えましたわー(;○;)ワシも行かせてくだせー!!』
 
 
 
亀も船に乗ると。
 
 
 
 
 
今度はイワシがピチャリ。
 
 
『ぁどーも♪イワシです(・∀・)なんかゆーすけどん、もー面倒くさいから『イワシと卵の親子丼』絶対作らないらしーですよ(・∀・)』
 
と言って海に戻りました。
 
 
 
 
みんなは
 
(=_=;)(=_=;)(=_=;)(=_=;)(=_=;)(=_=;)(=_=;)(=_=;)
 
なんだ?
 
 
 
となりましたが、なんだかんだ鬼ヶ島に着くと岸にウサギが寝てました。
 
 
 
 
亀が
 
『シー(゜o゜)!』
 
 
と言うので、全員ウサギはシカトしました。
 
 
 
 
 
 
そして鬼ヶ島の鬼の家に着きピンポーン♪
 
 
 
 
浦島太郎は言いました
 
『魔法水ちょーだい(;_;)』
 
 
鬼は
 
『いいよー(^-^)♪』
 
 
 
浦島太郎以外のみんなは
 
 
『軽っ(゜o゜;)』とツッコミましたが
 
 
 
 
 
浦島太郎は慌てて鬼からもらった魔法水を飲もうとした時、あらビックリ。
 
 
 
 
水に映る浦島太郎が若くなってるじゃありませんか。
 
 
 
鬼は言いました。
 
 
『水に魔法も何もないよ(^-^)?大切なのは友達とみんなで力を合わせて頑張ろうとする気持ちさ♪そうすればいつでも若くなるよ?』
 
 
 
 
浦島太郎は鬼やみんなに
 
 
『ありがとう(;_;)ありがとう(;_;)』
 
と、何度も言いましたとさ(^-^)v
 
 
上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」 Powered by Ameba-F1000042.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
めでたしめでたし。
 
(^-^)

昨日は神原パパんちでスタッフ含め23人で鍋。
 
 
ギュウギュウで避難民状態(笑)
 
 
みんなでワイワイガヤガヤ♪ヾ(^▽^)ノ
 
 
気付けばシンデレラが帰らなきゃいけない時間。
 
 
 
 
パパの息子のカズ6才が一度寝に行ったのに階段をパタパタ降りて戻ってきて
 
 
 
『ゆーちゃんと寝る~ヾ(≧〇≦)ノ』
 
 
 
カズは羞恥心、そして遊助のライブやツアーやイベントに真っ黄色いカッコして来て『(≧▽≦)♪』こんな顔して全力で汗かいて全曲歌いながらタオルを回すオイラの親友です(^-^)v
 
 
 
 
オイラはカズにチューしてカズの部屋に行き、手をつなぎながら布団に入りました。
 
 
 
カズは眠そうな目をこすり、
 
 
 
 
 
 
 
 
上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」 Powered by Ameba-F1000040.jpg
 
 
 
 
 
 
『ねぇゆーちゃん(≧▽^)♪何かぉ話して(^-^)v?』
 
 
オイラは
 
『話?しょーがねぇなー(笑)じゃ昔昔のお話な('-^*)?』
 
 
 
 
カズは布団の中でオイラの右腕にからみつき目をキラキラさせ
 
 
 
うん!(^-^)
 
 
と何度も首を縦に振りました(笑)
 
 
 
 
 
物語の内容
 
 
むかーし昔、川に洗濯に行ったおばーちゃんのところに桃がどんぶらこ‥
 
 
 
『それ知ってるよ(^-^)v』
 
 
 
バカ。最後まで聞け♪
 
 
 
 
 
おばーちゃんはそれを持って開けると、オラ金太郎!と金太郎が出てきました。
 
 
 
『おいおい(笑)』
 
 
と6才のツッコミ(笑)
 
 
 
 
金太郎は次の日、おじいちゃんのお手伝いをしに竹を切りに山へ行きました。
 
 
 
 
すると一本かたい竹があり、力持ちの金太郎は持っているオノでオリャー!
 
 
 
すると中から
 
 
 
 
 
竹から生まれた桃太郎ヾ(^▽^)ノ
 
 
 
カズ
 
『ええー(゜o゜;)』
 
 
 
 
 
そして金太郎と桃太郎はお友達になり、帰って4人でご飯を食べてると
 
 
 
小さい一寸法師がやってきて、『皆さんつまようじをどーぞ♪(^-^)v』
 
 
(゜o゜;)(゜o゜;)(゜o゜;)(゜o゜;)
 
 
 
4人はビックリしましたが、優しいから一寸法師も友達になろうとした時、ドアから
 
 
 
ドンドンっ『誰か!助けてくだせー!!(;○;)』
 
 
 
と声がするじゃありませんか。
 
 
 
ドアを開けると
 
 
『オラ浦島太郎だす(;_;)鶴と亀を助けて竜宮城行って箱開けたら、じーちゃんになっちゃって‥鬼ヶ島にある若さを取り戻す魔法水がほしいんだすぅ(;□;)』
 
 
 
 
おばーちゃんは『分かりました。ゆっくりしてきなさい。』
 
 
とその日、おじいちゃん、おばーちゃん、金太郎、桃太郎、一寸法師、浦島太郎で寝ました。
 
 
 
 
すると、夜中、オシッコに行こうと桃太郎が起きるとバッタンバッタン。はたを織る音。
 
 
 
 
桃太郎が近づくと、中から
 
『そこを開けてはいけませぬ。』と声が。
 
 
 
桃太郎は
 
 
『も、もしや?鶴の恩返し?』
 
と開けてしまうと、なんと
 
 
 
『ぁどーも♪キジです(・∀・)』
 
 
 
すると桃太郎は‥
 
 
 
 
 
ん?
 
 
 
 
 
 
て横向いたら‥
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」 Powered by Ameba-F1000041.jpg
 
 
 
 
 
 
 
寝てました(笑)

↑このページのトップへ