写真の👇みんなの右手のよーに、人それぞれ、またはその時その時によって、手の使い方やクセも微妙に違うみたいです😌





ちなみに囲碁は『打つ』で将棋は『指す』です。



_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7287.HEIC


でも、1度取った駒を置く時には将棋でも『打つ』と使います👨‍🏫〔たしか🤔💦〕





20年やってると監督やプロデューサーの方が何かしら自分の作品を知ってくれてるから役を説明する時


『どちらかとゆーと、上地さんがやった◎◎の役とか◎◎の役を足した感じですかね』


とか説明してくれる😁





分かりやすいよーで、分かりにくい部分も正直あるんだけど、心の中で


『あ、この感じの作品が好きなチームなのか』とか『こーゆーテンションの芝居が好きな組なんだな🤔』て1つのバロメーターになるからそれはそれで助かる^_^





ちなみに同じ関西弁だからと言って、その1つに土竜の唄のクロケンは入ってません笑




そーゆー作品じゃないんで😅




あれはあれで『エセ関西弁ぽくやって下さい』て、そっちの方が芝居やアクションより難しかったなぁ😁💦


















夏の『黒書院の六兵衛』のドラマが終わり、ツアーが無事終わり、で例のごとくまたすぐスタートしておりまする🏃‍♂️





全4話の連続ドラマやります。





俺、一応小学校の時、囲碁将棋クラブ😁たまたまだけど😉笑




これは将棋のドラマですが、全然難しくないです^_^なんなら共演者のほとんど将棋のショの字も知りませんでした😅





だから構えないで見れるよ😌もちろん詳しい人ものめり込めると思います😁






不思議なもんで、俺が3年前の正月に貼った目標の1つに『最近NHKさんのドラマやってないからやりたいな』て書いたらホントに近年NHK系列ばっかりになってきた😅ホント不思議なものです💦どっかで誰か見てんのか😳w





プロを目指す俺の周りには、若手の将棋のプロ棋士や先生が俺に付きっきりで教えてくれてます。





肩を組んでる写真左の先生は横浜高校の後輩でアマチュアで優勝した天才です😅



『あの、やっとお会いできました💦私、横浜高校なんです😁』て言ってくれたから




俺が『うちに、そんな頭良いヤツいないからウソでしょ先生😏』て、一瞬冗談交じりで疑いました笑




本人達も言ってますが、将棋でご飯を食べてる人は、変わってる人が多くてどこか頭がかっ飛んでる天才オタクばかりです😅



_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7286.HEIC




俺はその中でも、髭も生えっぱなしで頭はボサボサで、金も無く服も1セットしかないホームレス男の関西人役です。






プロデューサーさんや監督から熱い想いを、この夏前に直接言って頂き、僕も喜んで受けました😌ありがたい話だす^_^





ドラマ準備中もライブに来てくれたり、ツアーの心配をいつもしてくれてた優しいチームです^_^





その愛情にお返しできるよーに、ドラマの中で引っ掻き回して、見終わった後にみんなから愛され応援したくなる役を作っていけたらなと思います^_^






共演する、玉木さんちの宏は、俺と同じ年でお互い違う形で切磋琢磨してきた素敵な役者さんです^_^





昔20歳過ぎくらいに、宏の方が全然先に売れてたけどまだ彼も時間があって、よく渋谷のセンター街のイタトマで金も無いからコーヒー1杯で長々くだらねぇ会話してたのを今日思い出しました😅





今回の作品で、10年ぶりくらいに会ったけどなんか嬉しかったなぁ😌





なんなんだろこの感覚😅





いろーんな仲間が辞めたり新しい夢に向かってったけど、あれから20年近く経って、今も向かい合って芝居してたら





この俺らの作品が良くなるために、役がどんだけ美味しくなるか1シーン1シーン考えるのが楽しみになりました^_^





と、同時に『全員見てろよ😏』てゆー、また謎のイタズラ坊主みたいな俺のヤッタルゼ感が出てきてニヤけちゃいました😁





ほな、全力でやって真剣に楽しみますんでドラマを楽しみになってから





武道館と、大阪城ホール来て下さいな😉🎤













やへぇ。





靴下の棚からパパッと取ったら…



_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7276.HEIC

左右違うの持ってきてもた💦





素足で靴履くの👟気持ちわりーから履いたけど。






足が気になってみんなのセリフが若干入ってこねぇ😭💦笑





しかもまさか靴を脱ぐ場所でリハとは笑💦






あぁーーーすんげームズムズするぅ






↑このページのトップへ