とっても久しぶりの更新です。
春先から寝込むことが多くて、やっと日常生活に戻ってこれました。

さて、寝込んでた時に見てたのが小林麻央さん、海老蔵さんのブログ…私なんかの一過性のものより何倍も辛そうなだるさ、痛みと戦ってる人がいるのか…と思うと胸が締め付けられる思いだったとともに、夫の海老蔵さんの献身的な愛に心を打たれました。
訃報を聞いたときは赤の他人なのにめちゃくちゃ悲しかったです。

で、ふと見つけたので、旦那さんが大腸ガンになってしまったご夫婦の闘病マンガ(妻視点)を読みました。
がんって患者本人だけじゃなくて、家族も同じように経済的&精神的不安に陥るんですよね。
そして誰しもいつ何時ガンになるかわからないように、誰だって急にガン患者の家族になりうる!

こういう目線で描かれたマンガってなかなかないので、新鮮でした。
案の定書籍化はとても困難だったらしい…
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4125.JPG
特に男性は看病を受けるのは自分の側だと思ってるところがあるらしい…ですが、海老蔵さん麻央さんのように、妻の側が病気になることもあるわけで、そういう人たちの心の拠り所になる本だなーと。

ちなみにイライラが募って些細なことで喧嘩が勃発してしまったこのご夫婦、「細かなことでも褒めあう」ってことで乗り切ったそうです。
これは普段の夫婦生活にも応用できそうですね。