久しぶりのLINEBLOGですが
野球ネタではございません←

介護士なってからもうすぐ1年です
今は実務者研修に通ってる真っ最中なんですけどね

まぁ実務者研修の中身を勘違いしていたってやらかしが初日から発覚して今日2日目なんですよ

当然モチベーションもそんなにあるわけではないんですが(全くないわけではない)(ミジンコ程度にはあります)

でまぁもうすぐ1年なんですよ
仕事にも慣れて周りも見えるようになってきて
昨日仕事してるときに
ふと『俺この1年でなんか変われた?』と思ったときに
なんも思い当たる節がなくて
モヤモヤしながら入浴介助して
しかも最後の一人には入浴拒否されるというオマケつきで
で入浴介助終わって
リビング的なところに戻って
昨日はほぼ同期の子と勤務被ってたんですがその子を見てたら
なんか

自信がなくなってきて
勝手に落ち込んでるっていうホント何やってんだ状態なんですけども

いやまぁどうしても得意不得意はあるからアレなんですけど
僕だったら入浴介助は苦手だし
爪切りみたいな整容関連も苦手です

でも逆に得意なことってなんだ?って考えたら何も思い当たらなかった

なんか自分だけ何も変わっていないような気がしてます

ただ業務だけこなしてる感ね


どーすればいいのか
どーしたいのか
答えが見つかりません


以上!
終わり!




久しぶりですね(´・ω・`)
LINEBLOG放置して数ヶ月
プロ野球界もいろいろ動きがありました
まぁ書こうと思えば書けたんですが何分忙しくて(・・;
って、このまま行くとアメブロと書いてること変わらなくなるのでそろそろ本題にね

かなーり昔に平成の怪物の次のステージはどこになるかみたいな記事を書きました

で紆余曲折あり
一時はアメリカ独立リーグに移籍するんじゃないかとか
台湾リーグに移籍にするんじゃないかとか
(ガセネタでしたが)いろいろありました

そして!
なんと!
気づけば!

我が中日ドラゴンズが入団テストをすると発表したじゃないですか!
まぁ松坂投手に縁のある森監督やデニーさんがいるってのが大きかったんだと思いますが1月23日に完全非公開でテストが行われました
報道によると約30球(22球という報道も)変化球を交えて立ち投げして森監督が『もっと見てみたいな』という意向により入団が決まったとのこと

推定年俸は1500万で
ダウン率が史上最大の96%ダウンだか(・・;
キャンプは一軍スタートでマイペース調整OKの怪物特権採用とのこと

まぁ特権とか契約内容はその辺に放り投げておきましょう
外野があれこれ言えたもんじゃありません

背番号は99ということで
願わくばナゴヤドームのマウンドで背番号99の姿が見れたらなと思います

日本球界に復帰して昨年までの三年間で風当たりは厳しくなってます
それでもイチファンとしては
期待せずにはいられないです
どれだけ時間が経とうと僕の中でのエース像というのは松坂大輔投手なんです
素晴らしいエースの方々はたくさんいますが

それでも一番強烈に印象に残っている18(エース)は

松坂大輔投手です


中日で復活することを願っています

開幕するのが楽しみになってきました


あとFAで大野選手の獲得に成功したのは大きいと思います
長年の捕手不足に終止符が打たれるのか?
またバリバリのメジャーリーガーで通算51勝のジー投手も加入してます
補強が今オフは活発に行われていますね

また未だ所属先の決まらないイチロー選手も調査しているそうでオリックスとの争奪戦になるかもしれません(・・;

キャンプインまであと一週間です
2018年のプロ野球が楽しみです


そんじゃ!
おわり(๑•̀ㅂ•́)و✧


こんな時間ですが気にせずやって参りましょうか←

さて中日ドラゴンズはプロ野球を見ている方ならご存知のように谷繁さんが引退してから正捕手に悩まされています

谷繁さんがいる間は彼が扇の要としてドラゴンズのホームを守り続けてきました
キャッチャーというポジションは怪我も多いポジションであるのですが谷繁さんは歴代1位の3017試合出場記録も保持しています(2位は野村克也さん)
つまり谷繁さんが現役だった
或いはギリ選手兼任監督だった頃は谷繁さんがいるから困らない状態でした
元々中日黄金期と言われていた落合政権時も谷繁さんが絶対的キャッチャーで二番手の小田選手に関しては山本昌さん専属、或いはたまーの谷繁さん故障時のみくらいに出場機会が限られていました
もちろんこの間キャッチャーをドラフトで指名しなかったわけではありません

が、谷繁さんの存在を脅かすようなキャッチャーはおらず二軍で燻るか他のポジションにコンバートされるかのパターンでした
その最たる例が打てるキャッチャーとして獲得した福田選手なんですけどね  

正捕手が固定できず今年は松井選手、杉山選手、木下選手、武山選手の4選手がマスクをかぶりました

よくセンターラインがしっかりしているチームは強いなんて言いますが
中日の場合キャッチャーだけでなくセカンドも固定出来ていません
さらにシーズン終盤にはセンターの大島選手も怪我で戦列を離れましたのでショートの京田選手のみしか固定出来ませんでした

未来の正捕手としてドラフトでは広島広陵高校の中村くんを1位指名しましたが広島との競合に破れ、九州国際大付属の村上くんなどもいましたがそちらは指名せず、ヤマハの鈴木投手を取り、結局ドラフトではキャッチャーを取りませんでした
むしろ巨人にキャッチャー二人持って行かれてます
ゴールデングラブ獲得した小林選手がいるのに
小林選手中日にくれるんですか?(違)

そんな中日が日ハムからFA宣言した大野選手獲得に動き出したそうです
3年総額3億提示したとかしないとか←

今年のWBCでマスク被った試合を1試合見ましたがこのときは外角一辺倒のリードで打ち込まれた印象がありますが
正直代表チームでのイメージほどアテにならないものはありません
短期間の即席チームで、普段リードすることのないピッチャーですからね
バッティングに関しては2割〜2割5分くらいですかね
まあ谷繁さんも2割5分打てばいい方でしたし

大野選手の獲得で少しは風向き変わりますかね?

もうなんなら福田選手をキャッチャーに戻しても......なんて思ったり←

以上!
終わり!

↑このページのトップへ