人は助け合いながら生きていくもの
完璧人間なんてこの世にはいません。
何かしらの欠点は皆持っています。
発達障害の有無に関わらず何かしらの苦労はしてる人が殆どなのです。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7396.PNG
では、何故発達障害の問題がここまで問題視されるのか。
ミスはADHDを持っついなくても誰にでもします。

根本的な理由は、欠点をフォローしてくれる何かしらのモノがあるかないかでしょう。
ダブルチェックをしてくれる仲間がいるとかです。
輪に入れず孤立しやすい人が、自分の欠点を目立たせてしまい問題になってしまいます。
そこで、私達は定型の人達に甘えと思われてしまうのです。


人を傷付け合いながら生きていく
何度も言いますが発達障害を持っていない人でもミスはします。
95%の人間が毎日のように過ちを犯すのです。
つまり、95%の人が甘え方を知ってるのです。
ただ、私達は知らないだけ。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7393.PNG
発達障害とは関係ありませんが信号無視を例にしています。
赤は渡るな。
青は進め。
物心をつく頃から学んできたルールです。
しかし、残念ながら大人になっても完璧に守り続けた人が殆どいないのです。

本来ならやってはいけない行為ですがバレたり大丈夫な時に限って何かしらのルールをやぶってしまう人は多いのです。
ここで、イレギュラーなことをしてもトラブルになる人ならない人がいます。
運が良く事故を犯さない人もいれば、あの人はルールを守れない人だと思われ責任感があることを任せれないと思われたり。
気になるこの甘えれる人との違いは何なのだろうか。


大事なのは迷惑をかけた後にする恩返し
完璧人間なんて殆どいません。
大事なのは迷惑をかけたと同じくらい他の得意分野で活躍することです。

私は書類📄でミスをするから力仕事をする。
場の空気が読めないから清掃作業をする。

出来なことに関しては徹底的に避ける。
出来ることに関しては徹底的にチャレンジする。

お前はあれはダメだけどこれに関しては任せれる。
そう、周りに思わせておけば良いのです。
自分の出来ることはみんなできなかったり。
仕事の失敗談は仕事で返せば良いのです。


7月15日土曜日 
2名
参加表明3名
7月23日日曜日

7月30日土曜日と7月31日日曜日
みなきんぐバー

8月3日木曜日
読書会


金輝 発達アートギャラリーカフェバーの住所
大阪市中央区東心斎橋1丁目15-1
ふあみ〜ゆ東心斎橋V 4階

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5751.JPG