雑誌に私の記事が載りました
こころの元気に私の記事が載りました。
嬉しい限りです。
金輝を立ち上げる前の話を載せました。

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7240.JPG

本屋では売られていません。
金輝へ行けば本が置いてるので是非お越し下さいませ。
無料で読めちゃいますよ。


過去の私
私は癖のある人でした。
これは個人的な問題でしたが、家庭が厳しく今時ゲーム🎮も買ってくれませんでした。
発達障害の特徴だけでなく娯楽に恵まれていなかったのて話題がないので周囲に馴染めませんでした。

私の場合はたまたまゲームでしたが実際のところみんな何かあります。
家庭により自分の家にしかないものは何かしらあることでしょう。

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7015.JPG

しかし、自分には個性があったのです。
他の人が思い浮かばないアイディアを持ってました。
今思えば、発達障害なのですがそれは神様が下さったものでした。
障害だと気付かずに育ったのも恵まれていたのかもしれません。


自分を知ることの大切さ
過去の私を振り返ると自己分析ができていないとかよく言われましたね。
私の場合は、他の人と比べて特殊なのでこんなタイプは他に居ないと言われることが多かったです。
相談者も私を理解できず自己分析ができないと発言してしまったのかもしれません。

だから、会社とか人に合わせる環境が苦手でした。
幼い頃モノに恵まれてなかったせいで、周囲に合わせることも他の人よりも苦労してました。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6137.JPG

しかし、特殊な環境と発達障害に出会えたので周囲に惑わされず自分らしい生き方が出来ました。
もしかすると普通の家庭に育てられていれば発達障害を持ちながらも別の生き方をしていたのかもしれません。

ゲームの知識も豊富であれば、金輝でも今よりも大人数でゲームイベントを開催できたかもしれません。
現にゲームのイベントだけが何回開催しても集客が今ひとつです。

その一方金輝でば、普通のバーではなかなか成功しない哲学カフェバーやフリーランス向けのイラストレーター交流会を盛り上げれたりしています。

事業の世界では隙間市場を狙うことが成功へつながる一歩だと言われています。
みんな同じように手を繋いで人生を歩めば波乱万丈な思いはしなかったかもしれないけど、自分にしかないものがないのも悪くはないかなって思っています。


6月17日土曜日 5名

 6月18日日曜日 4名

6月24日土曜日

6月25日日曜日 

6月30日金曜日
哲学カフェバー

7月7日土曜日
内容は、お笑い!発達エピソードw

7月30日土曜日と7月31日日曜日
みなきんぐバー

金輝 発達アートギャラリーカフェバーの住所
大阪市中央区東心斎橋1丁目15-1
ふあみ〜ゆ東心斎橋V 4階

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5751.JPG