月別アーカイブ / 2020年04月




先行するする「ワンピース」に 

まず「進撃の巨人」が立ちはだかり

遅れて「鬼滅の刃」が参戦した


長尺シリーズのコミック戦線は

三国志になったなあ


今年になって大ブレイクした

「鬼滅の刃」の勢いが目立ち

長らく王座にいる「ワンピース」が貫録を見せ

「進撃の巨人」が挟撃されている構図だが

さて どうか


ところで

僕もそうだが

長尺物のコミックは電子書籍で読む

傾向が強くなっている


100巻に近いものを書棚に並べたら

場所をドド~ッと取るもんな

電子書籍ならスマホでも気楽に読める



さて

この三国志

それぞれのフアンにはたまらねえだろ

二国三国にまたがってのフアンにとっては

なおのことだろうよ


この三国になぜ年齢性別に関係なく

限りなく多くの人が惹きつけられるのか


それはいずれも

人が生きる上での命題を

三国それぞれの流儀で提供しているからよ



どんなかたちでか


僕流に若年の頃に感銘を受けた

物語で説明させてもらおうか


ジュニア版だったけどな

「宝島」には強くのめりこまされた

大人になってからでも

そのジュニア版を繰り返し読んだものさ


読むたんびに違う宝島なのよ

その世界と登場するキャラを借りて

無意識のうちにストーリー変えている


リフレーン

飽きず繰り返していたのよ


ロマンがあるだろ

夢を描くだろ

困難があるだろ

仲間がいるだろ

裏切りもあるだろ

キズナだ

連帯だ


個性あふれる

体育会系キャラ達を軸にした

奔放な学芸会なんだよな


見果てぬ人間の内面を取り出しながら

ちゃんと正義は生きている


見果てないから繰り返しでいいんだよ


ひとつなぎのワンピースに出会ったら

この物語は終わらざるを得ない


それまでは繰り返しよ

親切に目先を変えてくれるけどな


航海士のナミのウエストがぶっとくなる

のを慄きながら楽しみにしているけれど

ならねえな



「進撃の巨人」は

やはり

小学低学年の頃

ジュニア版で読んだ「ガリバー旅行記」を

ウズウズ蘇らせてくれるよな

ガリバーは小人国にも
巨人国にも行く


世界各地には巨人伝説が残ってるだろ

ダイダラボッチとか

ホメロスの「オデッセイア」に出てくる

キュクプロスとかな


かと言えば

小人伝説も洋の東西に残る

日本では一寸法師

西洋では親指トムなんかがな


実在したかもしれないコロボックルは

大人の膝ぐらいまでの身長はあったんだろ


僕は
「進撃の巨人」を数巻読んだところで

太古の太古の時代から

人の心にひっそりと横たわってきた

ような記憶を覚醒されて

罪の意識に捉われたぜ


みんな巨人達と命を懸けて戦うのが

今の人類だと思っているか


違うんだよ


巨人達に食われる人間は

とっくに人類によって淘汰された

小人達なんだよ


そう僕は読んでいる

巨人達こそ

僕ら今の人類の祖先なんだと思う


巨人伝説の巨人は

僕らの祖先が怖れていた

恐竜の象徴でいいんじゃないか


「進撃の巨人」を読むと

かすかに覚える罪の意識

これも快感なんだが


私達人類は小人達を食いつくしてきて

大きく進化して今日を生き永らえている


僕流の読み方だ



「鬼滅の刃」は

小学6年のときに読んで衝撃を受けた

「高野聖」を想起させてくれた


大人の本で読んだんだよ


深山幽谷に居を構える女性によって

色々な生き物に姿を変えられた

元人間達の無常と有常が

一夜の宿を求めた高野聖の想念に

靜かな恐怖の嵐を呼ぶ


高野聖はまた旅に戻るが

もしいろいろな生き物に変えられた

人間達を尾に戻すために

女性と戦うなら

鬼滅の刃の展開にちかづくかなあ


鬼達も悲しいよなあ

無常の(無情でなく)の定めに従いながら

退治されるときは有常の相貌を

一瞬見せる


竈門炭治郎も悲しいよなあ

炭治郎に託しているが

人間は己心の鬼達と戦い続けて生きている


炭治郎は自分の己心の鬼達と

戦い続ける定めなんだよ


果てしがない戦いだ


だから

読んでいて心を打たれる









何もしなければ死者40万人

とか何とかの試算の公開は

何だったのだろう


すでに全国民の殆どが

それぞれのできる範囲で

不要不急の行動を慎み

マスクをして手洗いを励行して

自粛を行っている


何もしていない人は皆無に近いだろう


そのタイミングで

何もしなければ死者40万人はないだろうよ


いたずらに恐怖心をあおり

恫喝が目的のように思えた



はたして

時を逸さず

非常事態宣言は全国に拡大された



僕は覚悟を決めた


しきりに

5月6日まで という期限を強調している

休日も気分転換のための外出もならず

自粛して在宅している人は

特に若い人は

ストレスを溜めに溜めている


5月6日までの我慢か

よ~し

7日から遊びまくるぞ

と 勘違いしている人も多いだろう


それが怖い


無症状や

軽い症状の人で

コロナに感染しているのに

見過ごされている人は少なくない

と 言われている


そういう人達が

5月7日を迎えて諸方に弾け散る


思うだけで震えがくる


もしかしたら

期限前に

非常事態宣言は延期されるかもしれない


そうなればそうなったで

自粛疲れでイライラを募らせた

人達の暴発的行動が怖い


妻や 子どもを殴るDVも増えるだろう

心の病を発症する人も

持病を悪化させる人も現れるだろう


自粛や 休業の虚を突いた犯罪も増える


僕の覚悟とは

1年後か 2年後か

いつ終息するかには関係なく

コロナ禍のなかで

新しい自分の生き方を築くことである


終息したら

それで生まれた状況に適応させていく


たいした覚悟ではないかもしれないが

その自覚にすでに立っている



 

nSHh2dzpwp.jpg


 収録数は13曲か
それにアンコールの曲

 実際の時間以上に
 たっぷりシビレて楽しんだぜ


「ロードショー」からして

♪ お顔を上げ 上昇にお備えください

だもんな

1世紀も前の場末の小屋の
口上みてえで呆気にとられるじゃんか

♪ 予期せぬ事が起こる可能性もございます

って何なんだよ

思わず襟を正しちまったぜ

大柄のオネエサン4人の
釣り鐘型のスカート?から
ももクロ4人が顔を出して歌う冒頭には
江戸川乱歩の世界を感じたよ

異次元な気配を漂わせたからな

でも
ハチャメチャが似合うんだよな
「あんた飛ばしすぎ!!」
なんか
百田夏菜子
佐々木彩夏
玉井詩織
高城れに
がかわるがわる
仲間に槍玉にあげられて
個性を浮き彫りにしてたよな

こんな楽曲ありか
って
ももクロだからありなんだ

これが凄えハチャメチャだってえの
何度聴いても
ももクロがそれぞれの違いを見せて
浮かびあがってくる

ところで
ももクロは
宝塚の男装の麗人風のファッションが
多いような気がするけれど
顏はみんな親しみ深くて身近なんだよな

でも
その4人の顔が神々しいほどに
あるときは魔女的に変化(へんげ)する

「華麗なる復讐」
なんか
♪ 目には目を歯には歯を
って4人は一瞬
目に憎しみをたぎらせていたぜ

〈全てを許せるほど 強くはないんだ〉

からやっと振り絞れる憎しみかな

この歌の頃は
僕は無意識のうちに
夜の宙にスイスイ上昇させられていた

そうよ
ももクロのライブは
月面のステージがとても似合うんだ

それも地球という星からは見えない
裏側の月面の特設ステージで
輝きの強い星達が穏やかに放つ
黄や 赤や 紫や 緑などの
原色の光線を浴びてな

観客はいるけれど
その他は荒涼とした月世界だ

そんな感じのステージ演出に思える

浮世の垢がよ
ももクロの異次元空間的
宇宙感覚的世界に上昇させられて
パラパラ塵になって散っていくんだ

1つ1つにストレスを乗せてな

この快感がたまらねえぜ

ももクロはみんな
素直でいいダンスを踊るな
きっと 腰がいいのよ
腰痛には無縁だろ

ももクロの楽曲の歌詞には
ストーリーがあるもんな
明快なダンスで
パフォーマンスで
多彩なゲストのダンサー達と
多様な絡みを見せて
ストーリーを
ステージに刻んでくれる

「天国のでたらめ」
にも出てくるが
エイトビートで決めてくるもんな

さあ みんな
ももクロの月面ステージで気を貰い
地球に戻り
コロナをぶっ倒してやろうぜ

そのときの呪文は

チマチマチマチマ スンゴリガニンタロウ

だぞ













↑このページのトップへ