月別アーカイブ / 2019年08月


裏と表がはっきりしているタイプは

解りやすくて面白いんだよ。

夜更けの道を歩いていて

きみが尿意を催し

公衆トイレを探している様子をいち早く察し

ここらで連れションやるかと誘ってくれる。


軽犯罪法違反だけどね。

拘んないんだよ

他人が背中側を通ってもね。


そのくせ

居酒屋などで知りあった人間におごられそうになり

きみがその気になっても

「おごられる謂れはありませんから」

と ぴしゃりと断る。


清濁併せ呑む人間だけど

危険な人間はちゃんと避ける。

こういう人間が友達にいると

大変きみのためになるはずだ。

裏表があっても 意気に感ず

という性格で友達に迷惑をけしてかけない。


コインの裏表のように

裏表がバランスが取れていればいい。

裏のほうが大きいやつは要注意だ。

きみを何かに巻き込もうとするだろう。

悪の近縁にいる人間だからな。


裏と表があるようだけど

どうもはっきりしない人間は

おとなしく見えても距離をとったほうがいい。

優柔不断で依存心が強い。

たいしたことではなくても

迷惑をかけてくるし

思わぬ尻拭いをさせられることがある。


このタイプで狡猾な人間は

特に要注意だぞ。

気を許すと大きな迷惑をかけられる。


但し

裏表がない人間と一緒にするなよ。

裏表がない奴は愛すべき人間だ。

保護したくなるほどだから

友達に1人ぐらいいていいかな。



 友達なんか

 初めからいないんだ

 って思ったね。

 潮の引くように離れていく。

 そっかって気づいたけどね。

 
 俺が調子いいときに寄ってきた奴は

 とっくに去っていた。

 難破する船から

 ネズミが逃げだすようにね。

 
 どん底に落ちてから去る連中は

 考えてみたら

 何かんときは役に立つだろう

 って俺のほうから近づいたんだって。

 だから

  他人事のような顔されたって

 しょうがねえやな。

 それでも残った連中をね

 訪ねていくと

 貧乏神にでもこられたような

 顔になるのさ。

 そりゃそうだろ

 助けを求めに行ったんだから。

 
 1人だけ普段と変わらぬ奴がいてね

 こっちはどうでもいい感じで

 つきあっていたんだけど

 そいつがゼロからやり直したら

 と

 タクシー会社に紹介してくれた。

 それがやり直しになったよ。

 偶然

 調子よくやっていたときの

 得意先を乗せてね

 うちでしばらくやってみないかって。

 それが本当の立ち直りになったね。

 3年で独立させてくれた。

 
 最後まで俺から離れなかった奴は

 相変わらずだよ。

 滅多に会うことがないけどね。

俺が立ち直ったのを知って

頼ってきた奴もいるけれど

ご馳走はしたがカネは貸さなかったよ。


 

 


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3267.JPG

このシャッターチャンスを捉えたのは

地元の野生動物写真家。

ザトウクジラはヒゲクジラ  なので

食べるのは小魚類。

写真のザトウクジラは

呑み込んでは見たものの

海獣最大級のトドは食べられないので

すぐに吐き出したようだ。

でも

歯がないヒゲクジラが

なぜトドなんかを呑み込んだのだろう。

退屈しのぎに遊んだものか。


体長15,6メートルの子育て中のマッコウクジラは

1000メートル級の深海にもぐり

体長18メートルに達するダイオウイカと格闘して仕留め

海面に上がってくる。

深海にもぐれない子ども達を飢えさえないためである。

ハクジラのマッコウクジラだったら

吐き出さずに噛んで食べたろう。。


小説白鯨に出てくるクジラもマッコウクジラだ。

クジラ中 最強かもしれない。


10メートルを超えるホオジロザメといい勝負だろう。


35メートルを超える大物もいるシロナガスクジラは

ザトウクジラと同じヒゲクジラなので

オキアミなどの動物性プランクトンを常食にしている。


↑このページのトップへ