月別アーカイブ / 2019年08月


酷暑が到来した。

複数地域で40度超もあるだろう。

北海道だってどこかで40度超が出そうだ。

僕の学生時代

北海道出身の奴が

初めての東京の夏に

アパートの部屋で目を回した。

今で言う熱中症か。

様子を見にいくと

氷塊で額を冷やし

サイダーをがぶ飲みして元気になったが

「33度って殺人的だよな」

と つぶやいた。

帯広近郊の出身で真夏でも涼しく爽やかで

夜はうかうかすると暖房がほしいくらいだという。

当時は梅雨がなかったんだって。


アパートの部屋にゴキブリが出て

僕と一緒に逃げまどった。

僕は東京育ちなのにゴキブリが怖い。


ところで

今の北海道では人が住んでいれば

どこの地域でもゴキブリはいるらしい。

ただ

小型のチャバネゴキブリで

この種類は僕の学生時代すでに

北海道でも道東の1部地域では見られたという。

北海道出身の友が怯えたのは

大型で黒々とした体色のヤマトゴキブリだった。


温暖化と共に家電の暖房機

空調などの普及が拍車をかけて

チャバネゴキブリの北海道制覇が確立した。


実は札幌 函館などで

ヤマトゴキブリの目撃例を多く聞く。

いずれヤマトゴキブリが

チャバネゴキブリを駆逐するかもしれない。

飲食店や

オフィスの1部では棲み分けをするにしても。


しゃも(日本人)による

アイヌ民族の同化政策をイメージさせるような。


しかし

酷暑時代になってヤマトゴキブリも受難が始まっている。

冷房の利かないところではよろよろしており

朝の道路でひっくり返っているものも目に付く。

夜間

少しでも涼しい建造物に移動しようとして

力尽きたのではないかと思う。


来年の今頃は五輪の最中だ。

日本の夏は蒸し暑くて辛い

と 暑熱の国からきた人が悲鳴をあげる。

選手は酷暑に耐えることが新記録を出すことよりも辛くなるのではないか。

屋内競技は空調の不慮の故障により暑熱地獄になり

選手も観客も体調に変調をきたさないか。

不測のテロが起きないという保証はない。


五輪委 警察当局を初め

関係諸当局の万全にも万全を重ねた

酷暑を踏まえての安全対策が望まれる。









ntXCWR9kxV.jpg
さあ 今日も3番指名打者で
四球で出塁です。
これはもう盗塁でしょう。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3271.JPG
どうです
この俊足ぶりは。
しかしながら
結果は盗塁死。

見せ場を作んなくちゃ
鳥体型のショウヘイくんよう。

それで
凄い片手打ちを見せました。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3272.JPG
X字型ですね。

ボールはぐんぐん伸びて〜

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3270.JPG
そのボールを追って
コウノトリ体型の
大谷君も飛び立ちました。

先駆けしている3羽の鳥は
大型鳥のようですが
お仲間らしいなあ。

鳥体型の大谷投手の本名は
ひかる君です。

※ 写真撮影は栃木市在住の石川宣延さんです。


夢なんて描くなよ。

 少し言い過ぎたか

 為しても成らない

 それが人生には多いんだよ。

 だから

 夢を描くのは勝手だけど

 現実から遊離するな。

 現実が1だったら夢はせいぜい3だ。

 なのに

 50 100の夢を描いている輩が多い。

 そんなの努力で達成できるかよ。

 夢は努力で達成できるものを描け。

 現実1夢3を達成できたら

 4を狙え。

 4を達成できたら5を狙え

 絵に描いた夢は実現しないよ。

 夢はあくまでリアルに追求する。

 地道な結果を積み重ねる。

 それが夢を描くという王道なんだよ。

 勘違いするな。

↑このページのトップへ