月別アーカイブ / 2018年10月

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2593.JPG

 友よりの画像に
 75歳まで旧東海道を
 毎年正月に
 2泊で50キロ以上歩き継いでいた
 我が身を振り返る

 真冬の鈴鹿峠越えはきつかった
 土山宿 水口宿では吹雪かれた
 京都に近づくにつれ寄り道が増え
 翌々年の2泊目に三条大橋に立った

 1年休んで中山道を始めよう
 1日中 山道だから
 陽春の候に歩き継ごう  と

 本来なら
 昨年の陽春の候から
 旧中山道の歩き継ぎが始まっている

   旧道の山道を黙々と歩いている僕
   でも
   それは幻想でしかない
   その幻想に囚われてはいない
    むしろ 逆の楽しみを得るつもりだ
    
    新しいライフスタイルの中で
    画像のブナ林を
    ゆっくりと
    トレッキングしてみよう

  わが身中に棲み着いた悪友
  リウマ君(関節リウマチ)を
  滅ぼそうという発想は僕にはない
  それは食うか食われるかの
  壮絶な死闘になり
  たとえ勝っても
  それからの人生を
   豊かに生きる自信は生まれない
   リウマ君と共存し折り合いながら
   気長に症状を軽減していこう

        ねえリウマ君
         画像は岩手県の安比高原だ
         もう少し軽減したら
         トレッキングに連れてってやるぜ
         共有できる夢を語ろうぜ





   
    



  


 読み聞かせイベントで


 僕がいつも強調していることは


 今 僕らがこうしてやっているのは


 本当の読み聞かせじゃないですよ


 家庭でお母さんが


 もちろん お父さんでもいいんですよ


 わが子を膝の上に乗せて


 絵本の絵を一緒に見ながら


 読み聞かせをするのが


 本当の読み聞かせなんですよ


 そのとき

 

 親子の心と心は


 見えない架け橋で結ばれます


 その架け橋を通って親御さんの愛情が


 お子さんの心に注がれます


 お子さんは安心するでしょう


 その安心感が親御さんに対する


 強い信頼感に変わります


 

 僕らがこうしてやっている・・・


 について説明しておくと


 数百人の集まりの場合


 スクリーンに絵を映し


 フルート バイオリン ピアノなどの


 曲を挿入しながら


 語り聞かせを行いますが


 これはいちどきに多くの人に


 読み聞かせの素晴らしさを知って貰うためで


 必ず普通のトークのときに


 本当の読み聞かせの素晴らしさと効果は


 家庭で行うことで証明されますよ


 と強調しています




 読み聞かせを


 何年か続けてきたお母さんで


 読み聞かせを続けてきて


 嬉しかったことは何ですか


 と質問すると


 いろいろな答えが戻ってきます


 わが子に読み聞かせをして貰ったときですね


 と答えた方が今までに何人かいて


 僕には強く印象に残っています


 親は嬉しいもんですよ


 感性豊かな成長を証明していることですから


 読み聞かせをして貰って


 その素晴らしさが解ってくると


 誰かに読み聞かせをしてみたくなります


 最初はお母さんでしょうね



 まだ闘病中だった小林麻央さんが


 2人のお子さんから


 絵本の読み聞かせをして貰ったことを


    何かのニュースで知ったとき


     思わず目頭が熱くなりました

    
    ご本人はどんなにか嬉しかったでしょうね


     親から子への読み聞かせも


     子から親への読み聞かせも

     
      親と子の心と心が共鳴して

      
      感受性の宝石が生まれます


 

 




 簡単にやるほうにいく人は

 殆どが甘い考えだ

 リスクを真剣に考えていない

 うまくいくときのことだけを考えて

 うまくいかなかったときの

 シミュレーションはまったくしていない

 バクチと同じだ

 バクチは100%ダメじゃないから困る

 0・0001%の確率でもくるときはくるもの

 
 どんなに熟考を尽くしても

 やろうという気にならない人は

 決断のいらないものを

 地道にやっていくといい

 積み重ねがバカにならないからね

 
 さあ熟考しても熟考しても

 決断できない場合は

 きっと

 リスクは出し尽くしている

 やれば八分通りはいく

 という自信がある

 これはGOだよ

 成功の確率が大変高い

 でも 確実じゃない

 これが本当の賭けなんだ

 人生そのものが賭けなんだから

 これはするべき賭けなんだよ

↑このページのトップへ