月別アーカイブ / 2018年10月

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2598.JPG
リウマ君は悪友だから遊びが好きだ。
僕はその誘いにいやいや
否 これ幸いと乗ってしまうんだ。
 闘病中にもかかわらず
 いや
 病格のリウマ君が誘うのだから
 飲酒や 楽しい団欒に悪影響はない。
 むしろ お酒が入ったほうが
 足運びは少しだけ軽くなる。

 それはさておき
 静かにハロウィンをやってみない
 という誘いがあって
 僕より早く リウマ君が大乗り気になった。

(やろうぜ やろうぜ)

 というのである。

~ 誘われたのは僕だぜ

 少し僕もムカついて口調がとんがった。

  (あのなあ お前 
   俺の率いる免疫軍の1部は
     確かに俺に背いてお前の体の組織の1部を攻撃している
     でも 俺に忠実な大多数の免疫軍は
     昼夜に関係なく体中をパトロールしているの
     外敵のスパイや 斥候を見つけ次第 退治しているんだ
     それあっての今のお前だぜ)

 ~それは解っているよ

   (お前がハロウィーンをやれば
       彼らは活性化する
       それはお前のためになることなんだ)

 ~きみに背いている部隊も活性化するんじゃないの

  (だからよ 免疫不全なんだ!!!)

  リウマ君は憤然とした。
  僕は黙った。
  僕が目指す時間をかけて
  症状を軽減させていく戦略は
  リウマ君の協力なしには実現不可能だからである。

  その意に沿った結果が冒頭の画像ということになる。

  リウマ君は満足したようだ。
  帰りの僕の足取りも軽かった。

 のそのそ ではあったが。




   (3に続く)

 

 



人生にいつかはないんだよ

いつかやってみたいは100%ない

 いつかやるも90%ないぞ

 いつかやってみたい

 と思ったことで

  もうやったことがあるだろうか

 いつかやると思ったことで

 もうやったことがあるかな

 あったら脱帽する

 きみは凄い

 殆どはいつかやってみたい

 いつかやる

 のまんまだと思う

 いつかは永遠の先延ばしに近いんだ

 いつかではなく次にやるんだ

 次にやってみたいじゃ駄目だ

 次にやるんだ

 本当にやりたいことは

 今やっていることが終わったらやる

 本当にやりたいことなら

 今やっていることが終わったら

 次にすぐに取りかかるものなんだ

 人生は長いようで

 いつかのままにしておくと

 いつかのままで

 あっという間に過ぎる

 次なんだよ

 次でなければゼロのままなんだ

 それを肝に銘じてくれ

 


生きるって大変なんだな

 って自分に語りかける

 
 そうだよ

  どこもかしこも働いていて

 休みなしなんだから

 と自分の体

 
 こっちも大変よ

 落ち込んだらすぐに

 元に戻らなきゃ鬱の発症にいっちゃう

 と自分の心

 だから 労ってほしいんだよ

 と自分の身心がが異口同音

 そうだよね

 責めちゃ駄目なんだよね

 よく解ってるんだよ

 と自分

 寝てても休んでないもんね


 過労にならないだけでとても助かる

 しっかり食べるものは食べて

 熟睡してくれれば私達は助かるわ


 じゃあんたらにあれば乗れるのは

 
 好奇心かなあ

 そう 好奇心は私達を活性化して

 感受性を豊かに保ってくれる


 そうか 感受性は心と体の共作なんだ

 人生が自然に幕を閉じるまで

 自分という心と体の逃げ道はない

 ならば 好奇心を常に高めて

 自分に栄養を与え

 リズムに乗って人生を行こう

↑このページのトップへ