何もしないで

 ただの神頼みは論外だ

 棚からぼた餅が落ちてくる

 のを待つよりまだ悪い

 ただ どんなに努力しても

 工夫を重ねても

 困難を乗り越えようと思っても

 泥田の深みにはまったように

 もがいてもあがいても

 抜け出せないこともある

 絶望寸前だ

 そのとき

 神にすがってみよう

 と思うのは悪くない

 神さま

 これだけ努力して頑張ったんだから

 いずれ結果は出ますよね

 と願ったとしよう

 結果は出る

 諦めずにもう少し頑張れ

 そう神に告げてもらいたかったら

 それが神のお告げでいいんだよ

 それで希望が持てて

 努力を継続する

 それが神頼みのご利益だ

 絶望の前の神頼みは

 気持ちの切り替えという意味で

 大いに効果があるのだ