月別アーカイブ / 2017年05月


 簡単にやるほうにいく人は

 殆どが甘い考えだ

 リスクを真剣に考えていない

 うまくいくときのことだけを考えて

 うまくいかなかったときの

 シミュレーションはまったくしていない

 バクチと同じだ

 バクチは100%ダメじゃないから困る

 0・0001%の確率でもくるときはくるもの

 
 どんなに熟考を尽くしても

 やろうという気にならない人は

 決断のいらないものを

 地道にやっていくといい

 積み重ねがバカにならないからね

 
 さあ熟考しても熟考しても

 決断できない場合は

 きっと

 リスクは出し尽くしている

 やれば八分通りはいく

 という自信がある

 これはGOだよ

 成功の確率が大変高い

 でも 確実じゃない

 これが本当の賭けなんだ

 人生そのものが賭けなんだから

 これはするべき賭けなんだよ


 
LMeugnRoC5.jpg

 なんか怒ってる感じだなあ

 アメリカで流行ってるソックスらしい

 特にジュニア世代で

 シアトルの友人が送ってくれた

 日本では何人ぐらいが

 履いてるのかなあ

 これを履いていると

 足許でトランプさんに

 ハッパをかけられてる気がするわ


 末っ子の僕に

 母は1歳の時から読み聞かせを行ったという

 理解できなくても

 母の愛情を感じて安心したのだろう

 途中から すやすや眠ったそうだ

 母は夕食の支度に台所へ向かう

 でも すぐに僕は目覚めて泣き出したという

 それからはすやすや眠りだしても

 読み終えるまで

 ときには2冊目も読み終えて台所へ立った

 1時間2時間と

 僕は目覚めなかったという

 3歳頃のことはよく覚えている

 「3びきのこぶた」は繰り返し聞いた

 僕がこれ読んでといつもせがんだからだという

 「あかいくつ」は怖かった

 足を切断される場面が特に


 小学生になったら

 我が家から絵本が消えた

 あれは3年か4年だったかなあ

 学校から帰ると誰もいないことが多かった

 母は夕食の買物

 姉達はお勤めや 学校

 僕は押し入れの上段を隠れ家にした

 ある日

 他の部屋の押し入れ上段に初めて上がった

 奥に真田ひもで結束された絵本の束を見つけた

 僕は奇怪な歓声をあげていた

 消えた絵本だった

 懐かしさのあまり

 僕は時間を忘れて読みふけった

 母に発見されたときは

 茶の間のちゃぶ台に

 家族がそろったあとだった


 絵本が僕の視界から消えたわけは

 小学生に絵本はいらない

 という理由からだった

 

↑このページのトップへ