月別アーカイブ / 2016年11月


 
 昨日深夜、正確には今日の午前1時過ぎでしたが、
西麻布ブレッツでゴルラップ2曲を歌ってきました。
そのうちの1曲は挿入ツイートにもある通り、
「太陽は近く爆発するぜ…」ですが、
ツイッターに早くもその曲をイメージしたと思われる
アニメ動画がアップされました。
歌唱中の実写動画はいくつもアップされましたが、
アニメ動画は珍しいのでブログに紹介させていただきました。

ご参考のために「太陽は近く爆発するぜ…」の歌詞の1番を
下記します。

 1 よく聞けみんな よく聞けみんな

   太陽は近く爆発するぜ

   地球のためにずっと燃えてきたのに

   地球はそれに応えたか

   みんな自分のハートに訊いてみろ

   ボンボンボボーン ボンボンボボーン

   太陽が月に火花を飛ばした

   ボンボンボボーン ボンボンボボーン

   ヤバいぜマジで やばいぜこれは

   ボボボボボボーン ボボボボボボーン

   ボボボボボボーン ボボボボボボーン

   アッチアッチアッチアッチアッチ アッチージャンカー


   この先燃えても意味がない

   ここらで地球を終わらせる

   この太陽の怒りの意思を

   俺の第六感は捉えたぞ

   ガラガラドカーン ガラガラドカーン

   ガラガラドカーン ガラガラドカーン

   わあ月が火の玉になったぞ

   シュルシュルシュルバカバカバカーン

   シュルシュルシュルバカバカバカーン

   シュルシュルシュルバカバカバカーン

   わあ炎の月が地球に飛んでくる



 
NGL1YuP964.jpg

 茶菓子が

 素敵なスイーツとして

 注目を浴びている。

 旨そうだろ

 でも

 しばらくは見ていたい。

 いろんな褒め言葉が浮かぶ。

 きみはその同僚から見たら

 美しいスイーツなんだよ

 能力はあるし

 上司からも信頼されている

 褒めるしかないだろ。


 でも

 褒めてるだけじゃ

 物足りない。

 陰で悪口叩くのはね

 妬み嫉みなんだよ。

 食べたいんだ

 つまり

 食べてきみの持ってるものを

 わがものにしたい。

 単純な欲求で

 そんなに悪意はない。

 それにきみの悪口を言えば

 言うほど相手にされなくなる。

 それが解って

 食べるのは諦めるだろう。

 眩しいきみを褒めて

 目標にするようになる。

 だから

 ほっといてやろうよ。

 包んでやっても

 いいんじゃないかな。


 追いつめられているのかな

 彼(彼女)の心が

 きみから離れかけているのなら

 それも無理はない


 恋愛は始まったときは5分と5分

 どっちの心も

 同じように熱ければ

 ずっとそれでいけることになるけれど

 違うよね

 比重は絶えず変わる


 相手の心が

 自分から離れていく

 という感覚は

 大変確かなもので

 まず間違うことはない

 恋愛はそういうものだから


 離れていくと追いたくなる

 追ってこられると

 なお離れていきたくなる

 それなりの修羅場があってね

 追ったほうは

 悲嘆に暮れて深く傷つく


 相手の心が離れていくのを感じたら

 あえて踏みとどまる

 解るんだよ

 もう取り戻せないなって

 どんどん離れていくんだもの


 終わりがきた

 いや

 完結するんだなって思おうか

 切なく虚しく悔しいけれど

 完結するときは

 そういうもの

 やせ我慢して

 サヨナラ

 あえてくるりと

 背中を向けてみよう

 それで5分と5分だ

 きっと

 少し時間が経てば

 不快な記憶じゃなくて

 甘酸っぱい記憶が残る

 
 そういう恋愛で完結できれば

 次には

 もっといい恋愛が待っている

 ほんとうだよ


 もしも追っていったら

 踏みとどまることの

 10倍ものエネルギーを費やして

 疲労困憊して

 癒えるのが容易でない

 深い深い傷を負うことになる


 
 離れていく心を

 引き戻そうとしても

 沈んでいく夕日を

 引き上げるようなものなんだよ

  


↑このページのトップへ