月別アーカイブ / 2016年11月


 

  先日

 長野県内で飼育されていた

 ツキノワグマが

 飼育の世話をしていた人を襲い

 その命を奪うという

 事件が起きました。

 僕はてっきり

 伊那のグリーンファーム

 で飼育されている

 このツキノワ君が

 起こした事件だ

 と思い込んでいましたが

 よその別のツキノワグマの

 仕業でした。

 このツキノワ君とは

 これで3度めの対面になりますが

 事件と関係ないと知るまで

 死刑囚と面会する気分でした。

 よかったね きみ---

 ちなみに

 このツキノワ君

 ツキノワグマの特徴である

 ツキノワがありません。

 とても稀なツキノワグマです。

 コグマのときに保護され

 現在

 おんとし14歳です。

 

 


 標高691メートル

 東京から比べると

 伊那高原は昼下がりでも

 肌寒いです(o^^o)



 邦楽オーケストラ むつのを 

 とのコラポ公演のため

 1泊2日の旅に出ました。

 公演は明日なので

 今日は観光気分で過ごせます。


 

 風もなく

 所在無げに

 僕を見下ろすのみ

 おーい

 3本赤松よ

 物見をしてくれ

 伊那の街はどっちだあ

 イナ

 そうだ 伊那の街だ

 イナ

 伊那の街だよ  どっち?

 イナ

 否 って答えたのか

 3本頑固松め

 松籟を鳴らしてみろ


 


  前泊で現地へ向かう途中

 かんてんぱぱガーデンで

 昼食をとりました。

 ミニヒレカツ丼とかんてん汁

 それに野菜の煮物でした。

 地産のキノコ 山菜が

 いっぱい入ったかんてん汁は

 美容食ですね。



 


 知りあって

 急に親友になりたがる人には

 注意が肝心だ。

 親友になるには

 それまでの期間が短かろうと

 長かろうと

 信頼の積み重ねが必要である。

 あっという間に意気投合して

 親友同士になるケースでも

 信頼の積み重ねがある。

 お互いのセンサーが信頼面での

 いろいろなチェックポイントを

 一瞬のうちに乗り越え

 👌のサインを 出しあったのである。



 そういうことではなくて
 
 一方があっという間に

 親友として振る舞い

 もう一方があっけに取られて

 当惑しているうちに

 気がついたときには

 内懐に入られている。

 入られた側は

 大体お人よしで

 向こうが親友と言ってるんだから

 それでいいかと許してしまう。

 実は親友モドキで

 その心は魂胆のかたまりになっている。


 以上のことを頭に置いて

 親友モドキの3つの特性を

 肝に銘じてほしい。


 1つは…

 模倣をする。

 何から何まで模倣して吸収し

 きみのようになろうとする。

 たちは悪くないにしろ

 リスペクトしていないから

 きみから

 模倣すべきところがなくなったら

 掌を返すように裏切るだろう。


 2つは…

 きみの立場 権威 地位 を利用する

 親友モドキである。

 きみのコネを使って

 立場 権威 をかさに着て

 自分がいい思いを得ようとする。

 きみの利用価値がなくなれば

 必ず裏切る。


 3つは…

 蛭のように吸いついて

 おカネというかたちで

 利益を得ようとする。

 この特性がいちばん悪質だろうね。


 カネを貸してくれ

 と平気で土下座する者や

 借金の保証人になってほしい

 と頼んでくる者。

 これは始末に悪い。

 泣き落としの手も平気で使う。

 駄目だとなれば

 捨て台詞を吐く。

 それくらいならいいが

 限りなく犯罪者に近いので

 きみの名を使って詐欺を働くこともある。


 2つの特性

 3つの特性を併せ持っている

 親友モドキも多いから

 おかしいと感じたら

 相手にしないことである。

 
 

 

 
 
 

 

↑このページのトップへ