月別アーカイブ / 2016年10月


 出てみたいんだろ

 出りゃいいじゃないか

 出たくなかったら

 おれに相談しねーだろ


 ごく素直に

 花嫁側の友人席にいりゃいいの

 きみなら両隣の人に

 余計なことを言わないだろ

 
 バカな奴がいたんだよ

 招かれて出席したのはいいが

 元カノと新郎が

 キャンドルに火を入れるために

 テーブルにきたとき

 (ノД`)・゜・。泣きだしたんだ

 恥ずかしいよな

 
 きみなら大丈夫だろ


 問題は元カノの意図なんだよ

 何人か元カノがいて

 みんなきて

 元カレたちが和気あいあいで

 盛り上がって

 なんてのも稀にあるよ


 でも

 呼びたい1人を呼ぶ場合だ

 選ばれたんだよ

 新郎にそれとなく

 元カレだということを

 悟らせたいのかな


 きみがイケメンで

 頭脳も優秀っぽいから


 逆の場合なら

 新郎をきみに

 見せつけたいのかもな

 きみよりイケメンで

 何かの研究所にいてね

 ノーベル賞だなんだかんだと

 将来を嘱望されている

 この場合は

 きみが元カノを振ってる

 
 元カノに振られた場合は

 元カノが新郎に

 これもそれとなくな

 私って男のレベル高いでしょ

 って言いたいのよ


 いずれにしろ

 元カレを式 披露宴に招く

 花嫁は深慮遠謀

 それに気づくのも面白い


 だから迷わず

 行けーーーーーーーーっ!!!
 

  


 民進党の蓮舫代表も

 泡を食ったろう。

 日本の国籍の選択の

 宣言をした者は

 外国の国籍の離脱に

 努めなければならない

 (第16条第1項)

 という努力義務規定がある。

 罰則はないにしろ

 蓮舫さんは

 この規定があったことにより

 引っ張られないでいい足を

 引っ張られた。

 
 7月の参院選で初当選した

 小野田紀美さんも

 米国との二重国籍状態である
 
 ことが解り

 米政府に対し

 米国籍を放棄する

 手続きを進めているという。


 まだ若いんだし

 これからは
 
 グローバルな活動が期待される

 世の中になるし

 米国籍があったほうが

 日本の国益にかなう

 活躍もできるんじゃないか。

 国籍法は1950年7月1日

 施行だし

 世界の実情に合わなくなっている。


 
 読み聞かせ活動で出会った子供たちに

 常々

 世界を股にかけて活躍してほしい

 と励ましているので

 他国の国籍法との関連も

 あるだろうけれど

 多重国籍が当たり前の

 世の中になることを

 願っている。


 押しつぶされそうな不安なんか

 存在しないんだよ

 不安には何の重みもない

 だから

 安心していい

 と言っても

 はい そうですか

 と うなずけないよね

 不安に押しつぶされそうな顔だもの

 不安がしめしめと舌なめずり

 しそうな目だもの

 
 何が一体不安なの

 その不安と

 真正面から

 対峙したことがないだろ

 不安は皮に包まれているんだよ

 その皮を破って対峙しなきゃ

 
 対峙しないで

 不安を不安で包んでいる

 きっと

 きみの不安は

 7,8枚もの皮で

 重ね着している状態だ


 仮にきみの不安は

 A大入試に落ちたらどうしよう

 というところに根差している

 としようか

 きみは自他ともに認める秀才だ

 最難関のA大合格の

 自信は十二分にあった


 しかし

 受験日まで数か月になって

 模試の成績が低迷し

 自信がぐらついてきた

 落ちたら親に叱られる

 絶対の期待をかけている

 先生に合わせる顔がない

 級友たちに侮られる

 合格まで

 デートを控えていた

 彼女に振られるかもしれない

 不安に不安の重ね着をさせるだけで

 根の不安と対峙することなく

 逃げているから

 すっかり不安が重みを持った


 彼女が何だ

 級友が何だ

 先生が何だ

 親が何だ

 バカヤローだろ

 落ちたら1浪して

 のんびりやるかでいいんだよ

 ほら

 皮はあと1枚になったぞ

 残りの数か月
 
 がっつり勉強するか

 って気持ちになったろう

 さっきまで不安に押しつぶされ

 勉強どころじゃなかったのに


 さあ

 最後の皮を破って

 不安と対峙しようか

 破ったんだね

 怪訝な顔をしてるね

 それ輝いてるだろ

 希望だからだよ

 希望を皮で包むと

 不安になるんだ

 すると

 不安が不安を包み続ける

 しっかり対峙し

 直視すればいいだけなんだよ

 希望に戻れ
 
 さあ

 その希望を前面に掲げて

 A大への道を

 まっしぐらだ

 

↑このページのトップへ