月別アーカイブ / 2016年10月



 
ウオーキング途中に通りかかった
スポーツ施設です。

壁には手がかり足がかり。
何の施設かお解りですね。

屋内なのにビルが建っています。
亡霊のように僕もいます。

道路から
ガラス壁越しに撮ったので
こんな現象にあいなりました(p_-)

ウオーキングは
スポーツではありません。
心身をくつろがせるための
リクレーション---
というのが僕の捉え方です。


事務所から少し歩くと
この道に出ます。


早朝ですから速歩で
通りました。

途中で右の横道に折れて
善福寺がある雑色通りに。

 














善福寺の参道です。
この参道は
山門の手前を左に入ると
仙台坂に抜けられます。

仙台坂を越えて
ずっと先まで
無人の道に入りました。
50メートルほど
疾走しましたO────♪

いっとき
ウオーキング教室が
あちこちにできて
鋭角に曲げた肘を
突き上げるようにして
同じペースで歩く人を
よく見かけました。

そのような歩き方を
集団でやっている光景も
ときおり
目撃したものです。

軍隊の行進のようで異様でした。

気が向いたら
横道に入る。

ああー〜ー
懐かしい😏
昔 時々きていました。
地下深くから
腐葉土の植物泉を
くみあげています。
コーラのような色で
肌に優しいです。

ゆるゆると歩いて
足を止めて
ほのかに漂う
植物泉の匂いを🍀🌿

しばらく速歩👣
50メートルほど疾走🐎
速歩は時速6キロ以上です。
緩急自在が
ウオーキングの醍醐味です。

















曹渓寺というお寺の近くで
僕の足は止まりました。

日本で最初の
肢体不自由児の学校が
あったところです。

ウオーキングの楽しさは
発見🐜
変化🕷
気づいて
好奇心👀を充たすこと🖐

ギョギョーーーッ
is
イスラム国☆〜(ゝ。∂)

インターナショナル スクールでした。
校舎も風雅な和風です。

















手前に数羽のカルガモ
上流に1羽のシラサギがいます。

古川です。
以前
カワセミが水面すれすれに
上流に飛んでいくのを
見ました。

1分ほど佇んで
心のときめきを
楽しみました。


  
 

   







   
   

   



 
  

             マジだよ

   人生に疲れたんだ

             飽きたんだよ

   金魚鉢の生活じゃもっと飽きる

            そんなことないさ

             シンプルだろ

             水と水草だけで

             ときどき

             上から餌は降ってくる

             何も悩むことないし
   
   それじゃ退屈で頭がおかしくなる

             そんな頭はいらない

              だから

             金魚になりたい

            
   やはり お前は疲れてるんだよ

             金魚はガラス越しに

              人間社会を見てる

              じっと観察してる

   観察しても思考できないだろう

               だから

               高尚なんだよ

              人間はろくに

              観察しないで

              思考しようとする

              自分の都合でね

   金魚はそんなに高尚か

               高尚だよ

               人間にはないもの

               だから尊い

   勝手にしろ

                金魚になりたい

                金魚になりたい

                金魚になりたい

                 金魚になりたい

                 金魚になりたい

                 あっ

                 僕は金魚になった


 


 5歳児のクラスで

 次にラクダが登場する

 絵本を読み聞かせるので

 ラクダの絵を見せながら

  コブの中には

  何が入っている?

  と質問した

  パッといくつもの手が挙がった

  中には周りを見て

  手を挙げた子もいる

  いろんな答えが出た

  パワー

  栄養

  油

  みんないい答えで正解だ

  水

  僕らが子供の頃は

  そう教えられた

  女の子に訊いた

  さっき

  周りを見て手を挙げた子だ

  多分 答えを知らないで

  手を挙げている

  思ったことでいいんだよ

  とフォローした

  ちょっと考えて

  服

  と答えた

  そう 正解だ

  素晴らしいよ

  と僕は褒めてから

  ラクダは砂漠を何日も

  飲まず食わずで旅をしている

 コブの中に服を

  いっぱい入れておけば

  毎日おしゃれが楽しめて

  退屈しないものね

  じゃ きみは大きくなったら

  ファッションモデルに

  なりなさい

  それともデザイナーかな

  と 言った

  女の子は嬉しそうだった

  でたらめを答えたのではない

  彼女の感性のスクリーンに

  コブの中に服を

  いっぱい詰めた

  ラクダが映ったのだ

  だから

  素晴らしい

  間違いだと言ったら

 その子は深く傷ついた

 感性を歪めてしまう

 認めるということは

 子供の感性を

 羽ばたかせる

   

   


 


    

   

↑このページのトップへ