ソロアルバム「NEW FRONTER」の売れ行き自体は、
あまりぱっとしたものではなかったらしい。
でも、収録されている楽曲は僕が知りえた情報によればカラオケなどで結構よく歌われているようだ。
ジャニーズ時代のフアン層とは一味違った30代40代の女性フアンが、
YouTubeで視聴してついたのではないか。
7月7日にソロ活動1周年を記念してリリースされた「 OVER YOU(feat.マイキ)」も売り上げ的にはイマイチだというが、
そういうフアン層の心を捉えているのかな。
何に対してでも通用しそうな明るい応援歌風だが、
不安を抱えたその世代の女性層に響いている、と言えそうだ。
その影響で分別臭くなるのには少し早い新しい男性層のフアンも獲得しつつあるのかもしれない。
ソロアルバムや、ソロシングルの売れ行きには関係なく、
手越祐也のフアンは地熱が伝わるように広がっていくような気がする。
アラジンをカバーで歌っているが、
聴いてみるとジャニーズ時代にはあまり出せなかったであろう情感を滴らせて熱唱していた。
音痴の僕が言うとおかしいが、切々と彼の歌声が心に染みいってくる。
グループでこういう歌い方は無理だ。
折も折、シアトル在住の友人で翻訳家の宇枝田ハコさんから、手越祐也の歌が上手くなったと絶賛するメールがきた。
その大半を下記に抜粋してみた。

〜景樹ちゃんは ジャニーズに興味あるでしょ?手越祐也くんの歌って聞いたことある?
最近、手越くんがとても歌が上手ってことに気が付きました。
ジャニーズの頃は 注目してなくて、イッテQで 面白いなと思って、Jを辞めて いろいろ書かれて。。。
でもきっと いい子なんだろうなって思ったよ、彼の歌を聞いて。

何度も聴きたくなる声なんだよ。〜

手越祐也さん、
アメリカ西海岸ツアーをやんなくちゃ。
潜在フアンが多いぞ。