朝、スマホでヤフーのニュースで見たのよ。

画像は死球を受けてうずくまる大谷選手のものだった。

本当に痛そうで思わず、

ヒィ~ッ、と悲鳴を上げたよ。

記事を読むと、

同選手も当てられた瞬間、

絶叫を上げたたらしいな。

そりゃそうだろ。

左腕投手の150キロ直球を、

右肘の上部に当てられたんだぜ。

防具をつけていたから幸いだったが、

つけていなかったら無事じゃすまなかったろ。

悪くすれば、

今シーズンの投手としての登板は、

絶望的になったかもしれないな。

オイラは関節リウマチを病んでいる。

肩も足膝も手首も肘も患部で痛いのよ。

オイラの右肘へそんな直球が当たったら、

瞬間的に関節はグチャグチャ、

痛みは想像を絶するぜ。


それなのに大谷選手ときたら塁に出て、

二盗三盗を連発して初の1試合2盗塁よ。

日本時代からのフアンとしてはカッケーと叫ぶ前に、

心配になっちゃうのよ。

相手の塁手や、

捕手とクロスして怪我したらどうするの、

ってな。


5回の打席では、

初球129キロのスライダーが

スルスルと大谷選手の頭部へスライドしていったな。

反射神経でのけぞって逃げたが、

想像するだけでヒヤヒヤものよ。

二刀流であれだけの打力を発揮しているから、

投手たちからは徹底的にマークされるわな。

妬みや、憎さの感情も働いて、

無意識のビーンボールがすっぽ抜けというかたちで、

頭や、肘に飛んできてもおかしくない。


大谷選手よ。

きみは傑出した能力に恵まれている。

打ってよし投げてよし。

走ってよし。

すべて大いによしよ。


顔と体型のルクスも最高だぜ。

愛想もよくて優しいよな。

頭脳も明晰だと思うぜ。


神様よ、

どうして50物も100物も彼に与えたんだよ。

楽しくって楽しくって張り切りすぎているぜ。

怪我が心配なんだよ。


今シーズンは、

ホームラン40本はいける。

投げるほうでは10勝以上は大丈夫だ。

ホームラン王か、

打点王のどっちか取るんじゃないか。


だけど、

盗塁王はノーサンキューだ。

バントもいらないな。

雄々しい王者であってほしい。

どんなに姑息な大谷シフトを敷いたところで、

それはきみへの敬意だろ。

堂々と野手の頭上を高速で抜けばいい。

500フィートの特特特大ホームランで、

そのシフトを無意味にしてやれ。

怪我をするなするなするな。

走塁や、バントはそれが似合う選手に任せよう。

楽しみすぎて怪我をしないでほしい。


あなたの活躍に、

車椅子で闘病している僕は、

元気と勇気をもらっている。

また歩けるようになるんじゃないか、と。


それにもう1つ、

日本人としての誇りも大いに分けてもらっている。