_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0166.JPG
 

読み聞かせイベントで、


 僕がいつも強調していることは、


 今 僕らがこうしてやっているのは


 本当の読み聞かせじゃないですよ、


 家庭でお母さんが


 もちろん お父さんでもいいんですよ、


 わが子を膝の上に乗せて


 絵本の絵を一緒に見ながら、


 読み聞かせをするのが


 本当の読み聞かせなんですよ。


 そのとき、

 

 親子の心と心は


 見えない架け橋で結ばれます。


 その架け橋を通って、


 親御さんの愛情がお子さんの心に注がれます。


 お子さんは安心するでしょう。


 その安心感が親御さんに対する


 強い信頼感に変わります。


 

 僕らがこのように、


 読み聞かせの大切さを訴えてやってきたこと・・・


 について説明しておくと、


 数百人の集まりの場合、


 スクリーンに絵を映し


 フルート バイオリン ピアノなどの


 曲を挿入しながら、


 語り聞かせを行いました。


 これはいちどきに多くの人に


 読み聞かせの素晴らしさを知って貰うためで、


 必ず普通のトークのときに、


 本当の読み聞かせの素晴らしさと効果は


 家庭で行うことで証明されますよ、


 と強調しています。




 読み聞かせを


 何年か続けてきたお母さんで、


 読み聞かせを続けてきて


 嬉しかったことは何ですか、


 と質問すると


 いろいろな答えが戻ってきます。


 

   わが子に読み聞かせをして貰ったときですね、


 と答えた方が今までに何人かいて


 僕には強く印象に残っています。


 親は嬉しいもんですよ。


 感性豊かな成長を証明していることですから、


 読み聞かせをして貰って


 その素晴らしさが解ってくると、


 誰かに読み聞かせをしてみたくなります。


 最初はお母さんでしょうね。



 若くして逝った小林麻央さんが

   

    退院し在宅で闘病中だったとき、


 2人のお子さんから


 絵本の読み聞かせをして貰いました、


 と。


 

    どんなにか嬉しかったでしょうね。


 どんなにか励まされたことでしょう。


 

    僕は今、

  

    膠原病で闘病中です。


    車いすの利用者で、


    もっか、


    読み聞かせも講演も休止中ですが、


    来春以降、


    会場が都内でバリアフリー対応のところの


    オファーは受けて再開するつもりです。


     目を輝かせて物語世界に入ってきた


     子供達の姿を思い浮かべると、


     血が騒ぐのです。


     読み聞かせ活動を始めて


     今年の8月で満20周年、


     騒ぐのは読み聞かせの


     血でしょうね。


    

     闘病体験がレパートリーに入った講演も、


  無理のない範囲で再開させようと思います。


  原稿の執筆は毎日やっていますが


     体調の管理を万全にして、


     来年3月25日の80代突入に備えます。




 ※ 以上のブログは、

   コロナ禍到来前に書いてアップしたものです。

   小さなお子さんのいる家庭では、

   巣ごもりのときなどに読み聞かせはいかがでしょうか。

   家庭での読み聞かせが読み聞かせの本線です。

   のちになって、

   あのときに読み聞かせを初めて本当によかった、

   と懐かしく思うはずです。


   僕自身のことで言えば、

   この年の6月に都内某所で車椅子の乗って行った

   読み聞かせ&講演を最後に、

   原稿の執筆に専念しております。

   その年が明けてコロナ禍が始まり、

   僕の生活様式も変わりました。

   1つ言えば、

   1人のとき自分のために読み聞かせを行っています。