本当はね、


 成功とか失敗とかで


 一喜一憂することはないんだよ。


 成功に次ぐ成功で喜んでいれば、


 失敗が待っている。


 成功は失敗の因を作っているからなんだ。


 何回か成功すれば、


 1回分の失敗の因は溜まるものじゃないか。


 逆に考えて、


 何回か失敗すれば、


 1回分の成功の因は溜まるだろう。


 だから、


 成功して喜んで終わり、


 失敗して憂えて終わりじゃ、


 何の成長もないんだよ。


 つまり、


 一喜一憂していてはつまらない。


 10回成功を続けて、


 やっと1回分の失敗の因が溜まる。


 2回の失敗だけで、


 1回分の成功の因が溜まる。



 そうできるよう、


 努力と創意工夫を続ける。


 それが大事なんだよ。


 つまり、


 人生ではやったことで損をすることはない、


 ということなんだ。


 それをピシッと頭に刻み込め。