「どうする家康」にふれる前に

大詰めにきた「麒麟がくる」の光秀の 

本能寺の変に至るまでの出処進退に触れてみたい


これは前回放送までの流れから推測したもので

ネタバレではないことをお断りしておきたい


その流れから推すと

光秀が本能寺に信長を討った動機は

天下取りの野心からではない

青年期から爽やかに怜悧で

筋を通す性格に描かれている


下剋上的な裏切りは

今回の大河ドラマの光秀には

似つかわしくない


信長から辱めを受け続けて

恨みに思う気持ちが重なったためでもない


信長は常にどこかで光秀を頼りにしていたし

光秀も信長をよく助けてきた


光秀が志す平らかな世の実現は

信長なしには成就しない

そのことを誰よりも

光秀自身がよく知っていた


となると

キーパーソンは正親町天皇ということになる



光秀は信長が次第に傲慢になっていくことで

信長と共有してきた平らかな世の実現に

赤信号を感じとったのではないか


信長は叡慮にも憚ることなく

自分の意思を通そうとして

内裏のタブーに踏み込みつつあった


正親町天皇はその信長に強い危惧を抱いて

暗に光秀に信長排除の希望を述べた


光秀が叛心を秘めた信長の部将なら

ここで叛心を顕にした行動に移るだろう


しかし

光秀は信長を誠心誠意諌めるに違いない

信長は怒り

光秀はもう信長が翻意することはない

と諦めた


そうなっても

信長には主に逆らう臣として

光秀を誅する気持ちは毛頭なかったし

光秀にも主を裏切るという

発想は生まれなかったろう


平らかな世にするという夢を共有した

2人の絆はからくもつながったままだった


ここで2人のキーパーソンが浮上する

1人は徳川家康

もう1人は羽柴秀吉


光秀は家康には敬意を抱いていたが

秀吉のことは毛嫌いしていた


家康に近づいて

信長の説得を家康に頼んだのではないか

秀吉は内心で自分を嫌悪する

光秀を除くことを考え

信長との離間工作を行った


信長はその離間工作にはまり

光秀を疑いだす

そして

京都 近江 丹波を活動範囲にして

麾下の部将の中では常に近場にいる

光秀を遠ざけるために

毛利征伐中の秀吉の後詰として出動を命じた


光秀にとっては耐えられないことであった

それに秀吉には信長に対する叛心がある

ことに気づいていた


ついに光秀は本能寺に向かう

それは武力に訴えても信長を諌めるためで

信長を討つためではなかった


秀吉より光秀の叛意を吹き込まれていた

信長は是非に及ばずと切腹して果てる


そういう流れではないかと勝手に思ったが

まったく違うかもしれない



明日は「どうする家康」の

流れを予想してみよう