個人的な危惧だが

今回の緊急事態宣言の効果は

昨年の緊急事態宣言下に比べると

多くのポイントで人出が増えているので

限定的と思われる



1都3県に発出し

感染の拡大状況が容易ならないものと知り

大阪 京都 兵庫の2府1県に加え

栃木 福岡にも発出した


どうしてこんな小出しにして

バタバタやるのだろう

ウイルスは人という乗り物を使っている

地続きの発出されていない県へ

ジワジワ浸透していく


日本は島国だ

発出するなら全土を覆って

ウイルスに大打撃を与えるべきなのに


また 解除の目安がステージ3

ということはどういうことか

ステージ3は「感染増」の状況ではないか

東京で言えば

日々の感染者数500人が目安になる


1日の感染者数が500人は

第1波第2波では高水準の感染者数になる

これで解除したら

1ヶ月を経ずして

強烈な第4波に見舞われるように思う


全国の感染者数は日に数万

東京は万台への突入もあろう


ところで

こんな状況があり得るかもしれないのに

組織委の森会長も

菅首相も 加藤官房長官も

東京五輪は絶対にやると言い切っている


言い切る割には

虚勢を張っているようで

それぞれの言葉は虚しく響く


1年延期になったときも

中止か 延期にスすべきだという声が

諸外国から澎湃として挙がり

まもなく前大統領になるトランプ氏が

東京五輪は1年延期すればよい

という発言が重石になったのだろう


IOCの大勢も延期に傾いた

利あらずと見て

昨日まで絶対やると言い切っていた

国と都のトップは掌を翻すように

コロナ対策の徹底を口にし始めた


国内の中止論延期論には

耳も貸さなかったというのに


昨年の延期騒ぎは

大坂冬の陣に例えられる

開催派を豊臣方とすれば

世界世論という徳川方は

イギリス製 オランダ製

の大砲10数門も動員し

大坂城天守閣への砲撃を行った


豊臣秀頼の母淀君は戦意旺盛

甲冑を着て侍女たちにも着用させた

そこへ砲弾が落下

柱が倒れ天井が落ちて

侍女数名が死んだ


徹底抗戦派だった淀君は和睦派に転じ

それが決め手になって和睦が成立した


さて

夏の陣はいつ始まって終わるのか


今は和睦の条件としての約束で

大坂城の外堀が埋められ

二の丸三の丸が破却されて

更地にされている渦中である


その役目を担ったのが

IOCの最古参委員のディック・バウンド氏で

「〈東京五輪の開催は〉確信が持てない」

というご託宣である


さらにニューヨーク・タイムズが

「東京五輪は中止に追い込まれる可能性がある」

という見出しの記事を書いた


大坂城を本丸と天守閣だけの裸の城にする


海外からの重みのある発言は

これからも陸続と続きそうである


それなのに

開催派はやるやると言い続けている

守るすべのない本丸と天守閣だけで

夏の陣をどのように戦うのだろう


絶望的な戦いになる


またまた作家的我見になるが

森会長も 菅首相も 加藤官房長官も

小池知事も

みんな開催できないだろう

と腹の底では思いながらも

主催者側としては絶対やる

会場もスケジュールも決まっている

と強弁せざるを得ない事情があるのだろうか


コロナ禍の中でトレーニングに励む

アスリートの人たちは無論のこと

土壇場にきての中止は

開催を前提に労苦を惜しまない

おびただしい関係者に迷惑をかける


開催国の立場で腹をくくって

早急にやるやらないの結論を出し

世界の世論をリードしてほしい