eWY7xE3qJt.jpg

ネット世界でわらしべ長者になった人は

世界的にはかなりいるだろうな


ラジオを聴いていたら

自分の利益のためではなく

コロナ禍に直撃され

困っている人を支援しようと

大阪市のNPO法人が

ネット版わらしべ長者を始めた


最初は100円ショップで買った赤い糸

交換が進んで

ついに一軒家を自由に使えることになった


しかし

困った人を広く助けられるものへ

ということで

物々交換はまだ続いている


一体

最終的には何に化けるか

楽しみにしている



20年以上も前

僕はカラオケで

勝手にしやがれ や

ブルーハーツの歌

とんねるずの歌などをよく歌っていた


あるとき 連れの1人が

気になるポップスを歌った


ポップスなんだけど

冬枯れの銀杏の木の

密な枝から洩れる日を額に浴びながら

内心の激情を抑え控えめに歌った

そんな印象だった


連れの歌い方ではなくて

そういう歌い方で歌われているのだ

と納得させられた


歌詞も心の琴線に

ゆるく纏わりついてくる


♪ 二人の隙間を抱いてまだ忘れず


このフレーズはだけは記憶に残った


歌い終えて

その本人から曲名と歌手名を確認したが

5年10年経つうちに

記憶から飛び出していたなあ


ごく最近

その曲名と歌手名を

メロディと歌詞で思い出したんだよ


話題になっているからネットで聴いてみたら

これはあのときの…

だって解ったの


松原みきさんの「真夜中のドア」


この1年で「SPO tify」では460万回以上再生

「APPle Music」では100万回以上再生


「APPle Music J-popランキング」では

47カ国でトップ10入りを果たしている

このうちの12カ国では1位だ


CDを出さなくても

ライブ・コンサートを積み重ねなくても

ネット社会の今は世界に配信され

聴いた人の心を打てば

ねずみ算式に支持が広がる


ところで

松原みきさんは

2004年に44歳の若さで病死している


それでも名前と楽曲は 今

ネット世界で独り歩きしている


さあ

きみもネットドリームを描いて

自分流のわらしべ長者になってみないか