もしも

 
   きみに何としてもやりたいことがあって


 コロナ禍だから時期が悪い


 と見送っているのなら


 見送らない人に先を越されるだろう


 やりたいことがあったら


 今 始めよう


 コロナ禍だから


 十分な準備もできず


 いろんな支障があると思うけれど


 努力と工夫をして


 やれることをやっていけばいい


 

 もし


 きみと同じことを


 やりたがっている人がいて


 コロナ禍が終息するのを待っ始めたとしたら


 もうきみにはけして追いつけないだろう



 さて


 そのことを頭に置いて


 今からでは遅すぎる


 という言葉について考えてみよう


 

 もし きみが20代だったら


 そして 今からでは遅いと思ったのなら


 何をなぜ遅いと思ったのか


 それをちゃんと検証してみることだ


 何かを始めたいが


 今からではあいつに追いつかない


 と思いあきらめたのか


 人それぞれにそれなりの理由があるだろう


 でも それはすべて言い訳に過ぎないだろ


 胸によく手を当てて考えて見ろ


 

 40代50代 さらにそれ以上の人だったら


 今から初めても年齢から言って無理だ


 という理由が多いかもしれない


 40歳未満でなければいけない


 という決まりがあるわけでもないなら


 そんな理由はやる気がないだけのことなんだよ



 100歳以上の健康長寿者を約50人取材したことがある


 その多くの人が80歳90歳で始めたことを楽しんでいた


 90歳で始めた社交ダンスで若返り


 102歳とは思えない清澄ない色気を放っていた女性もいたし


 家業を継ぐために画家志望を断った人が


 息子さんにあとを譲り80代で油彩を始め


 ついに100歳から富士の赤絵を描き始めた男性もいる



 みんな今からでは遅いなんて思わなかった


 一念発起して始めただけなんだ



 今からでは遅い という人間は


 すべてに遅いだけのことだ


 自分の人生に活力を与えたかったら


 今からでは遅いなどと2度と思うな。