延期された2020年東京五輪が
来夏開催できない場合
中止せざるを得ないのは理解できる

BBCとのインタビューで
IOCのバッハ会長は
そう述べている

東京五輪が延期になる寸前の
状況はどうだっか

ヨーロッパでは
パンデミックが始まり
すぐに
アメリカに飛び火した

日本でも蔓延の兆が顕著だった

本当は世界的に
もう五輪どころではない
状況に追い込まれていた

しかし
バッハ氏も
安部首相も 小池都知事も
開催に向けて全力を尽くす
と 前向きだった

実を言うと この頃には
世界の著名な元アスリートたちからも
延期論 中止論が挙がっていた

トランプ大統領は
東京五輪は1年延期すればいい
と 日本に助け舟を出していた

もの書き的に勝手に推測させていただけば

バッハはその気で
日本が鈴を付けにくるのを待っているぞ

ということだったのではないか


いよいよリミットがきて
安部首相は開催国のリーダーとして
IOCに延期を提案した

つまり
バッハ氏の首に鈴をつけたのである

延期が決まるや
安部首相も 小池都知事も
脱兎の勢いで
コロナ禍対策にまい進した

これは悪いことではない

ただ
もっと早い時期に延期が決まるよう
手を打ってほしかった

東京五輪を目指す世界のアスリートたちは
身近に迫るコロナ禍に
これで一体開催できるのか
と 不安に思いながらも
IOC 開催国日本 開催都市東京の
トップたちが
開催に全力を挙げる
という力強い言葉に期待して
必死のトレーニングを続けてきた

延期の報に
愕然と肩を落としたことは
想像に難くない

来夏の開催を見据えて
今の状況はどうか

世界的には来夏までの終息は
大変難しい と言われている

とりあえずの
収束状態になった日本でも
第2波 第3波が懸念されている

欧米のパンデミックは
ピークを越したとはいえ
感染者数 死者数の日々の増加には
なお油断できないものがある

これから
アフリカ 南米が懸念される
と WHOは
繰り返し警告している

たとえ
日本だけが完全に
感染を終息し終えたとしても
それだけで
世界の祭典であるオリンピックを
開催することは不可能だろう

感染拡大防止に懸命になっている
国々は選手を派遣するどころではない

経済的にも甚大な被害を被った
国々はコロナの封じ込みに
ほぼ成功しても
経済の立て直しが先決だろう

来夏の東京五輪開催は
どう見ても大きな困難がつきまとう

バッハ会長は

「全世界が再び初めて集い
コロナウイルスへの勝利を祝う
連帯のメッセージ」
を発するものとなるよう期待する

と 含みのある言い方をしている

安部首相も延期直後の弁では
完全な形での開催
を 語気を強めて強調していた

もしも
先に中止を口にするのは誰か
で バッハ会長と
沈黙の綱引き演じているのだったら
そんな綱引きは姑息で無用

開催国 開催都市都市として
バッハ氏の首に
堂々と鈴をつけてほしい

勇気がいることだが
後にその勇気を全世界から賞賛される

完全な形での開催を口にして
土壇場にきての中止決定では
全世界に測り知れない迷惑が及ぶ

五輪を目指す
全世界のアスリートたちを
不安定な状態に置いて
土壇場で落胆させる愚を
繰り返さないでほしい

五輪開催は
全世界がコロナウイルスとの戦いを
完全に勝利に導いて
また
国力の疲弊と
経済の立て直しに成功を収めて
心から笑えるときまで
待とうではないか

たとえ
そのときが5年さきでも