_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3683.JPG
お笑い芸人の人が
次々に感染している

テレビによく出ている人よりも
街の催しや
イベントにこまめに出なければ
生活が成り立っていかない
無名の人のほうがリスクが高い

報道に上がってこない
芸人の感染例は
かなり高いのではないか

そういう街や
地域単位の小さなイベントまでが
自粛で影を潜めている

小劇場で公演を行う
小さな劇団の人達や
街のライブハウスを
主な活躍の場にしている
アーティスト達も
感染の率は高いが
今は活躍の場そのものが
自粛で休業している

ところで
感染のリスクを冒さなければ
公共の責務を果たせない
職業の人達がいる

医療関係者や
介護関係者は
防具をつけても
濃厚接触は避けられない

それを気にしていたら
手厚い医療や
介護が行えない

訪問介護を受けている僕は
業務の実情を窺い知るだけに
感謝しかない

介護職は体の不自由な人を
体を張って入浴させている
チョウ濃厚接触が必要な職種である

園の保育士を含む教師も
濃厚接触を気にしていたら
保育 教育の実を挙げられないだろう

子供に争いが起こったら
身を呈して止めなければならない

市民の安全と
防犯のために縁の下で尽くす
警察官も濃厚接触をしなければ
職務を遂行できない

すべてに体を張る仕事だ

任務につくために
仲間内での濃厚接触も
大いにあり得る。

これは自衛隊 海上保安庁の
人達にも言えることで
艦内 船内は3密の職場である

こうして見てくると
不急不要の外出を避けて
感染のリスクを
低めることができるのは
濃厚接触を厭ってはいられない
職業の人達のお陰と言える

また
国民1人1人が
知らず濃厚接触をせざるを得ない状態だ
とも言える

濃厚接触が絶無では
何人も生きてはいけないはずだ

そのことを念頭に刻んで
みんなで今を乗り切っていきたい