_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3657.JPG
 何を怖れるのか


 と叱咤するつもりはない


 

 きみの過去をじっくり振り返ってみろ


 乗り越えてきたことがいくつもあるじゃないか



 きみのお父さんと


 僕は同じ都立高を母校としている


 

 きみにお説教をするつもりはない


 きみのお父さんたちは


 都立高初の夏の甲子園出場を


 決めたんだからな


 今もって


 その記録は破られていないぞ


 

 あの夏は僕にとっても

 

 直木賞受賞という輝くものだった



 きみのお父さんたちは凄かったよ


 野球部員は10数名だったろう


 

 みんな


 野球ガリガリじゃなかったよな


 受験勉強も寸暇を見つけてやっていた


 現役か浪人かはともかく


 その年の3年生の野球部員が


 5人東大へ行ったもの


 

 ところで


 西東京の代表を決めたときの


 お父さんたちには


 みな怖れがあった



 いいんだろうか 代表だぜ


 といったな


 怖れは必要なんだよ


 

 怖れは期待だ!


 怖れは持っているパワーをあまさず


 噴射させる



 甲子園で


 僕はネット裏で

 

 母校の試合を観戦していた


 スポーツ紙に観戦記を頼まれたんだ



 相手は優勝候補の強豪校


 中盤まで母校はよく頑張ったよ


 怖れて戦っていた


 相手チームは焦っていた



 でも


 強豪校としての底力を発揮した


 母校は負けはしたが


 よく健闘した


 中盤にかかった頃


 みんなから怖れが消えて


 もしかしたらいけるぞ


 といった色気が見えたかなあ



 1回戦で負けてよかったんだと思うよ


 もしも甲子園で勝ち進んでいったら


 そこまでの地力はなかったもの


 まぐれでいっちゃったら


 お父さんたちの将来にとって


 よかったかどうかは疑問だもの



 遅れたが


 サッカー留学おめでとう


 おこがましいが


 怖れるな


 を はなむけの言葉にしよう



    ここまでくる前に


 きみの心を支配していたものは何だったか


 そうだ 怖れだ


 怖れがあるから乗り越えてこられたんだよ



 きみは 今


 自分の将来を見据えて怖れている


 見据えたって何も見えないだろう


 

 だから 怖れているし 怖れて当然だ


 今までのサッカー人生とは


 比べものにならないくらい


 難関が待ってるからな


 

 乗り越えるべきものは


 嫌というほど待ってるだろう


 

 もう見据えないでいいぞ


 

 乗り越えていく覚悟があるから怖れている


 

 自分の人生をいい加減に生きている奴は


 怖れなんかしないよ


 

 きみの覚悟は固まっている


 じゃ 怖れは期待と同じじゃないか


 それも大いなる期待だ



 怖れよ


 乗り越えてまた怖れよ


 怖れがなかったら将来はない