_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3640.JPG
「アニメマーケティング白書2020」によれば

昨年1年間で放送された

地上波アニメ番組約200タイトルの

アニメ満足度ランキングで

「鬼滅の刃」が第1位を占めた


ちなみに

第2位は「進撃の巨人 Season3」


「進撃の巨人」は飛び飛びながら

アニメで見ていたし

「鬼滅の刃」はコミックで楽しんでいる



「鬼滅の刃」が第1位になったのは

アニメコミックのおもな視聴層である

20代30代40代からの支持が高かった

ためではないか


「鬼滅の刃」は大正時代が舞台だ

人気の鍵はこの大正時代にある


大正時代(1912年9月~1926年12月)は

正味で15年に満たず

大変短かい時代だった


20代~40代の人にとって

大正の前の明治も後の昭和も

歴史の域に入ったか

入ろうとしている時代には違いないが

共に長かったせいか

おおまかながら

時代の雰囲気を把握できる


ところが

大正時代のこととなると

その時代の雰囲気がつかみづらい


しかし

この時代ほど変化が急で

事象に特異性があり

大変魅力に富んだ時代は他に見あたらない


第1次世界大戦 米騒動 関東大震災など

日本の政治社会を揺るがす

大きな出来事も頻発したが

抑え込まれていた社会の底流が

一気に表層へ躍り出たような

多様な変化こそが

この時代を雄弁に物語る


明治憲法は制定されたものの

藩閥政府は憲法よりも

自分達の利を優先させた


それに対する民衆の怒りが

護憲運動の高まりを呼び

それは大正に入ってすぐに実を結んだ


藩閥政治の権化のような桂太郎内閣に代わり

原敬内閣が誕生し

日本初の政党政治のスタートした


在野では吉野作造が民本主義を訴え

美濃部達吉は天皇機関説を唱えた


普通選挙法制定の胎動も強まり

平塚らいてうが興した青鞜社の活動によって

女性の社会進出もダイナミックなものになった


女性の医師 教師 事務員などへの

門戸が大きく開かれて

女性の地位向上へつながっていった


大正へ入っての社会に起きた変革の数々は

必然的に大正デモクラシーを呼び寄せた


ファッション 食生活 にも

大波が寄せるように変化が訪れ

洋装が普通になり

家庭の食卓にカレーライス

コロッケなどが並ぶようになった


子供にはキャラメルが嬉しい間食になった


文学 芸術の分野は多様性を持って大きく拓けた

そのことに触れていたらきりがない


あえて象徴的なことを挙げれば

児童雑誌の「赤い鳥」が人気を博した


レコードが登場し

「ゴンドラの唄」が大ヒットした


都会では消費生活が定着し

大正末期に関東大震災が発生するまでは

大正バブルと言っていい景気だった


都会の繁華街は深夜までにぎわった


しかし

1歩地方に踏み入れば

そこは淫獣姑息な気配が息づく

明治時代のままで

いや

江戸時代とあまり変わらぬ

生活が残っていた


東京では赤襟で黒いツーピースのバスガールが

職業婦人として破格の給料をもらっていたのに

子だくさんの小作農は

どうやって口減らしをするかで頭を悩ませていた


継ぎはぎのぼろ着物をまとった

少女が都会へ働きに出ると言えば

それは遊郭へ売られることを意味した


山間の集落では

まだ電気水道がきていないところが多かった


夜は闇の世界になる


東京などの大都会では絶滅した

魑魅魍魎が生き残っていた


そんな山間の地でも

大正という時代の波は

一部に寄せてきていた


「鬼滅の刃」の舞台は

まさにそんな土地柄だ


そして今

続々版を重ねている「煙と蜜」第1は

東京ほどモダンな文化の大波をかぶっていないが

淫獣姑息な土壌を洗われ出して

その変化に戸惑う名古屋が舞台だ


市内を走る市電を

お城の金のしゃちほこが

びっくりして見下ろしている。


30歳の青年将校土屋文治

その許嫁で12歳の良家の娘花塚姫子


この2人が演じる

うーむ

まだ第1巻なので読んでみてくれ


きっと

「鬼滅の刃」と「煙と蜜」は

大正ものコミックの双璧になる