EMjGj35OY4.jpg

昨日
何気なく広げた夕刊の社会面

たいした記事はないな
と 閉じようとしたときに
本文はたった7行の
このベタ記事が目に飛び込んできた

1990年代の後半だったかなあ
事務所近くの魚料理店のカウンターで
1杯やっていたら
並びの奥の2人連れの客の1人が立ち上がって
僕のところへきて
「中江と申します」
と 言って名詞を差し出してきた

顔を見てすぐに解ったよ

580億円もの投資資金を集め
出資者には株券を渡さず
預かり証だけを渡し
やがて
破綻して詐欺だと騒がれた末に逮捕された
いわゆる
投資ジャーナル事件の主の
中江慈樹さんだって

逮捕されたときは30歳を過ぎていたが
投資資金の大半を集めたときは
まだ20代だったんじゃないかな

当時の580億円だ
でっかいよな

逮捕される前からメディアではよく
見かけた顔だった

聖徳太子がお笑いの世界に入ったような
風貌だった

兜町の風雲児
と 謳われたが
逮捕されて懲役刑を打たれた


シャバへ出てきたんだなあ

メディアで見かけた頃より
鼻下の髭は控えめになり
あご髭は短くなり
髪の毛も詰めていたが
お笑いの聖徳太子に紛れもなかった


「株に興味ありますか?」
「いや、全然」

僕の反応で
こいつは見込みなし
と 思ったんだろうな
すぐに席へ戻っていったよ

アパートの自室で孤独死か

それも煙草の火の不始末で
火災を起こしての焼死だという

泥酔していたんじゃないかな

一抹も十抹も哀れを催されたよ

今どきの66歳はまだ若いだろ
更生しての再起は叶わなかったんだ

中江さんよ
孤独な末路過ぎるぜ

せめて
天国で風雲児をやり直せよ

ほんのつかの間の一期一会だったけど
昨夜は哀悼の意味で
最初の1杯をやったからな


人はみんな悲しいよな