ダイヤモンド・プリンセスを舞台に
展開されていた水際作戦は
アメリカが自国民を引き取るための
チャーター機を送り込んできた時点で
失敗に終わった と見てよさそうである

アメリカ以外の国々でも
チャーター機を送ろうという
動きが活発化している

同クルーズ船の乗員乗客約3700人のうち
大多数の人たちは検疫を受けずの
船内待機の状態に置かれた

実態は隔離である

検疫を受けた一部の乗員乗客の人たちの
感染率は日を追うに従い高まった

これでは船内は新型コロナウイルスが
跳梁するままにしているのと変わらない

船はウイルス 細菌の類にとっては
感染を密に広げやすい密室である

検疫を受けていない人たちに
無症状の人も含めて
どれだけの感染者がいるかは
計り知れないのである

乗員乗客に多数の自国民がいる
国にとっては焦慮の時間が今も続いている

ここで私たちが心に強く刻んで
おかなければならないことは
最前線で検疫に当たっていた人たちの
献身的な労苦である

不幸にして感染した検疫官も出たが
検疫官をはじめ
関係者の方々の自己犠牲的な働きようには
ただただ頭が下がる

新型コロナウイルスの毒性は
それほど高くないようだが
その感染力はしたたかである

この厄介なウイルスを封じ込められるほど
日本の国力は強くなかった
と 僕は思っている

GDPが世界2位とか3位とか
年間売り上げ1兆を超える企業が
何百社あるとかないとかの
国力ではなくて
今回などの事態に際し
一気に空前の対策対応を繰り広げて
最小の被害で抑え込む国力である

こういう国力は
独裁国的な強権国家を想起させるので
僕は好きではないが
今は背に腹は変えられないという
思いだ

ご都合主義でごめんなさい

中国の湖北省 浙江省で起きている事態を
始め対岸の火災し
憂慮すべきことして
チャーター機を送り込んだ日本が
水際作戦に手こずっている間に
国内各地でたまたま感染者が確認されて
今は感染者がどれだけいるか
予測不能の状態になっている

つまり
日本が憂慮すべき事態にある
と 諸外国から見られるようになっている。

こういう状況の中で大事なことは
私たち1人1人が可能な限り
自分の力でできる
感染自衛策をこまめに行うことである

僕は2017年に関節リウマチを発症し
昨年5月には腰椎の圧迫骨折に見舞われた

そのときから車椅子のユーザーで
同年の10月には間質性肺炎になり
重症化した

どうにか改善して退院できたが
再発予防のため
ステロイドホルモン剤を服用
量を減らしながら
3月半ばで服用を終えようとしている

圧迫骨折も間質性肺炎も
関節リウマチに関わりのある症状疾病で
どちらも一応癒えても
関節リウマチである事実に変わりはない

つまり
免疫力がかなり失われている
持病持ちの高齢者

仕事は執筆のみに抑えて
極力外出は控えている

自宅にいるときもマスクは欠かさず
手洗いうがいを励行している

関節リウマチを発症する前は
39度近い熱があっても
何を風邪ごときが
と 平気で飲みに行っていた頃が
嘘のようである

若い人と壮年の皆様
自分の体力と免疫力を過信しないで
マスク ゴーグル 手袋の防備をして
外出をしてください

あなたを守るのはあなた自身だ

そのことを強く強く心身に明記してほしい