慌てる乞食は貰いが少ない


 という諺があるよね


 乞食たちにミカンを施そうとする人が


 籠にいっぱいのミカンを入れて現れた


 乞食たちはみな寄ってきて


 順番の列を作りだした


 遠くにいて気づくのが遅くなった乞食が


 慌てて駆けてきていちばん前に出ると


  おくれ

 

 と手を出した


 施す人はその手にミカンを1つ乗せた


 すると その乞食は


  3つおくれ


 と言った


 施す人は与えたミカンを籠に戻して告げた


  じゃ 列に並びなさい


 彼は渋々列の後ろについた


 
    施す人はミカンを3つずつ与えだした


 列の後ろについた彼の番になった


 籠にミカンは1つしか残っていなかった


 施す人はその最後の1つを彼の手に乗せながら


  みんなに2つずつあげようと思っていたんだよ


  きみが初めから列の後ろについていたら


  あまったミカンをみんなあげられたのに


 と憐れみを込めて言った




 施す人はその乞食の強欲さを嫌ったのだ


 きみが強欲だと言ってるんじゃないよ


 肝心かなめのときって


 きみにとって何かのチャンスなんだろう


 そのときにこれは絶対ものにしなければ


 と慌ててしまって逃してしまう


 今までにそんなことが何度もあったはずだ



 きみは能力が高いから


 他の人にとって大きなチャンスでも


 小さなチャンスに映るし


 慌てなくてもしっかりつかんできた


 他人に奪われずにね


 本当はものにできたことを感謝しなければいけない


 つかみたくてつかめなかった人に…


 つかませてくれた自分の能力に…


 
    しかし


 きみは 自分でも気づかないうちに


 それを当たり前だと思うようになった


 慢心したんだよ


 きみにとって肝心かなめの好機に


 いつもきみが慌ててしまうのは


 絶対ものにしなければ と意気込むあまり


 感謝を忘れ慢心した心の隙間から表れた


 強欲さに溺れてしまうからなんだよ


 そのことに気づけば


 きみは慌てずに高い能力を出して


 しっかりものにできるはずなんだ


 そのことを心に刻み込んでほしい