_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3541.JPG
大河ドラマ「麒麟がくる」は
光秀をどう描くのか

動物園のキリンではなく
麒麟児の麒麟だから
頭脳 性格共に明晰で
人々に慕われる人間として描き
本能寺の変に至るまでの
様々な困難に直面して
悩み乗り越えていく(ドラマとしての)
実像を感動的に積み重ねていく
と 思う

ただ 逆臣だったという重い事実を
どのように料理するのか
作りが不自然だったら
視聴者の共感は得られまい

いずれにしろ
時はいまだ戦国の世である
下克上が習いの時代である

武田 上杉 北条 今川 毛利
名だたる戦国大名家で
下克上なしで興隆した家はない

織田信長にしろ
織田本家筋の清洲織田家を滅ぼし
一時的な方便だったとは言え
後ろ盾として将軍職に立てて
主君と仰いだ足利義昭を追放し
下克上をやってきている

戦国の世は強いものが
より強くなっていく過程で
下克上はつきものであり
それを突き詰めていくところに
天下統一がある

乱世における下克上は
正義の側面を持っている
暗愚な主君に忠義を尽くしたら
共に滅ぶのを覚悟するしかない

有能なものが上を押しのけていく
当然の理であり
自他共に認める能力の持ち主なら
その野心を抱かなければおかしい

光秀が謀反に至った動機は
それだけで辞書ができるほど
諸説異説が氾濫している

100%決定的なものは1つもない
怨恨説も多々あるが
この時代に怨恨で主君を弑するのは
愚かとしか言いようがない

やはり
信長が隙を見せ
戦国後期の気風を代表する
天下取りの野心を秘めた光秀が
チャンスとばかりに
その野心を露わにした
ということではないか

柴田勝家は北陸に
滝川一益は関東に
羽柴秀吉は山陽道にあり
丹羽長秀は四国攻略軍の副将として
渡海を控えていた

織田家の重臣たちは
何かが信長に起きても
すぐに駆けつけられる状態になかった

山陽道から秀吉に出陣を仰がれた
信長はまず光秀にその後詰として
赴かせようとした

つまり
信長の比較的身近にいた重臣は
光秀だけだった

戦国の世も大詰めに近づいていたが
ここで野心を見せなきゃ
戦国の武将じゃない

本能寺の変は光秀による
天下取りの幕開けであり
すぐに幕を閉じざるを得なかった
駄作としての悲劇だった

しょせんは
それだけの器量だったのではないか

ただ戦国最後の派手な下克上劇だったこと
討った相手が天下統一を
はっきり視野に入れた信長だったこと
のちに天下を取る秀吉に
弔い合戦を仕掛けられたことなどで
光秀は江戸期には三つ子でも知る
逆臣中の逆臣として名を売り
今の世に汚名を残すことになる

この光秀を麒麟とするには
本能寺の変をどのようにクリアするかだが
大変な大技が必要だろう

それだけに期待もしたい