https://www.youtube.com/watch?
v=_4aLDiMWu8Q
〜決してイメージアップのための宣伝用じゃなくて、日常的に見る光景です。
車椅子の人でも一人でお出かけするし、ドライバーさんも乗客も手伝います。
他の乗客やドライバーさんとおしゃべりしたり、至って普通です。
こっちのバス通勤は 気軽で、知り合いができたりするし、運転手さんが「おお!久しぶり!」と声を掛けてくれたりします。〜
(以上は友人でシアトル在住の翻訳家宇江田ハコさんからの情報の抜粋です)

昨年7月から
僕は車椅子を利用している
まだ状態がナーバスなので
通院 ヘアサロン利用など
やむを得ない場合以外は
外出を控えている

その外出も妻の付き添いで
リフト付きの介護タクシーを
利用してのこと

もう少し状態がよくなれば
ユニバーサルデザインの
タクシーをうまく使って
飲食 映画鑑賞 観劇に出かけたいが
ユニバーサルデザインのタクシーは
呼んでもなかなかこないし
流しのものに手を挙げても
車椅子ユーザーだと知ると
そのまま走り去ることが多いという

それに
状態がよくなったときに備えて
調べているが
バリアフリー対応のところは
とても少ないのである

東京都内のレストランに限っても
バリアフリー対応が充分なところは
100軒もないのではないか

これでは状態がよくなっても
介助者がついていないと
そういう外出は無理だ

段差が多い店 施設を利用するには
屈強な介助者が必要だろう

トランプさん
ツイッターで
日本はバリアフリー化を急げ
と 呟いてくれないかな