_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3443.JPG
やあ しばらく

と 思わず声を賭けたくなったよ


エスカレーターで総青髪の人とすれ違ったときのこと

まだ車椅子に乗る前の今年の4月だったか



僕は総青髪がカラーリングのスタートだった

30年前のことになるかな



それより少し前

冒頭の画像のような

タイツが軸のファッションになったのよ

この画像は

そんな前のものじゃないけどね


どこへでも出歩いたよ

当時としては

派手とか

奇抜とかじゃなくて

異様に映ったんだろうね


禁止用語の罵声を浴びせられたり

正気か 貴様

と 面と向かって詰問された


極めつきは

屋台の客から 死ね という罵声と共に

コップ酒の酒を飛ばされたことよ


バラエティー番組に出ずっぱりになってから

そういうことは影を潜めたけれど

普通に街を歩けば笑いものにされた


貫いたよ

僕が僕のファッションをしていただけだもの

身につけたいものを

好きに身にものつけてきただけだもの


だから 貫けた


時代のステージが替わるのは

目まぐるしいぞ

ほんとにな


あの当時から思えば

異様な格好の男性が普通に歩いているじゃないか

僕より異様な人も多いぜ

普通の格好の人が

異様な人を普通に見て普通に歩いているんだぜ


これがほんとの今昔物語だよな


僕としては嬉しいステージになっている


でも

今さらなんだよ

って呟いてさ

クックックッって

独り声をもらして意味不明に笑ってんの


異様だよな このほうが



来年の80代突入を機に

新たなるカゲキファッションの

展開を考えたいけれど

どうなりますか


まずは

車椅子よサヨウナラかな