_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3388.JPG


ヨシダナギさんの
アフリカの部族を撮った写真からは
これからのファッションの発信地として
アフリカ大陸が
大きな意味を持ってくる
と 確信させられた

アフリカ大陸にどれだけの
部族が存在するかは知らない

おそらく数千に上るのだろう
言語の数もそれに近いと思う

それぞれが伝統の風俗習慣を持ち
祭祀などのときには
伝統の扮装に身を包む

顔に塗る顔料の強烈な色彩
そのデザインの豊かさは
アクセサリーや
身にまとうものなどのすべてに共通している
さらには各部族の主張がこもる

そして
自分の部族のテリトリーで得られる
自然由来の素材を
巧みに加工して無理がない

どの部族も
その個性を奔放に発揮して
精神を解放している

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3387.JPG
この写真の骸骨ファッションも
自分が内奥に抱える
タブーを表して
究極に自己を解放させた姿と言える

つまり
着たいものを好きに着て味わう
解放感に身を任せる
というファッションの
あるべき姿を具現している

これまで
ファッションの発信地と言えば
世界各地からの移民が生んだ
多様性を土壌とするアメリカや
自国に複数の民族を抱え
その伝統の風俗を土壌とした
イギリスやイタリア

更には
他国発信のファッションを
料理のように洗練されたものにする
フランスが
その先進国として喧伝されてきた

これからはアフリカだ

若手のデザイナーの皆さん
未来のファッションを模索中の
デザイナー志望の皆さん
アフリカに注目だ

アフリカからすくいとれ。

ヨシダナギさん

そうした人達にとって
豊かな閃きをもたらす
写真をどんどん発表してくれ